時間が取れず、結果が出ない人へ。大事なのは「やらないことを決める」こと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

どうも、yuyaです。

あなたは、今自分の結果が出ていないことを「時間がないから」とか「やりたいことがたくさんあって専念できていないから」と言い訳したりしてませんか?

人それぞれタイムマネジメントは異なるので、本当に時間がない場合もあるとは思います。

でも、大概の場合がやりたいことを詰め込みすぎて破綻しちゃってるパターンが多い。

資格の勉強をしたいけど、同僚と飲みにもいきたいし友達とフットサルもしたいし彼女と遊んでもいたいとか。

多くの理想や希望を持つのは素晴らしいことだけど、それを同時並行して叶えようとするのがずうずうしいって話を、今日はしますよ。

スポンサーリンク

5月は色々なことをチャレンジしてみた

なんでこんな意見を書こうと思ったかというと、5月の自分自身があまりに色々なことにチャレンジした結果、自分を見失いネガティブになってしまったから。

5月、仕事を変える都合で有休が消化できたので、GWも入れると10日以上休みがあったんです。

せっかく時間が取れたんだから、ちょっと自分では手の届かない新しいことに挑戦しよう。

そう思って色々やってみたんです。

ブログももちろん、自分の経歴を活かした節約相談サービス、note、LINE@。

普段は慎重派なのに、なぜか今月は色々やってみる気になったんですよ。

当然どれも初めてやることで、未知の領域。

するとどうなったか。

考えてやってみたどれもが中途半端になってしまい、結局ほとんど形にならず終わってしまったんです。

スポンサーリンク

たくさんのことを同時進行できなかった

俺は非常に不器用な人間です。

今でこそ経理の仕事では、複数の作業を並行させながら進めることができますけど、どちらかと言えば一つのことを継続して続けるのが得意なタイプ。

ブログは半年近く続けてこれて、生活の一部になってきていたから今はそこまで負担にならず続けられています。

それなのに、時間がちょっとできたからといって3つも新しいことを始めてしまうと頭が追い付かない。

キャパオーバーしていましたね、完全に。

結果がすぐに出ないものを、複数抱えると萎える

俺は自分のブランディングが下手な人間です。

そして、ブログを半年やっているからといってそんな大層な影響力があるわけでもない。

そんな中始めた新しいこと。

ぶっちゃけ、もしこのサービスを俺じゃなくて芸能人とかがやれば、一瞬で人が集まります。

だけど、大して結果も出してないどこの骨かも分からないやつが始めたことなんて、よっぽどサービスがしっかり作りこまれているとか、素敵なブランディングがかかっていないと賛同すらされない。

ぶっちゃけ、画面の向こうの相手のことをもっと考えるべきだったんでしょうね。

その意識が経験不足で低すぎたのも失敗の要因です。

それでも今は発信力がものをいう時代だから、自分の成長とともに少しずつうまくいく可能性は限りなく高いんです。

でも、俺みたいな結果がすぐ欲しくなる人間は、そんな継続型のサービスを複数抱えられるほどメンタルが強くなかった。

慣れていないことをするのってエネルギーがいるんですよ。

それだけエネルギーをかけるなら、あれもうまくいかない、これもダメだ・・となると、更新していく意欲が湧かなくなっていくのが目に見えてました。

一点突破したほうが、後々色々なことにつなげられる

複数のことを並行して進めるとなると、それだけ一つのことに捧げられる時間が少なくなってしまう。

つまり、結果が出るまで何倍もの時間がかかるわけです。

一点突破したほうが結果が早くでる→モチベーションが上がる→やり続けることで、最初に比べ結果が楽に出せるようになる→浮いてきた時間で他のことに着手できる

一点突破には、このゴールデンパターンが繰り返し効くという最強のメリットがある。

最初にコレだ!と思ったものに全力を注いで、他のことは息抜き程度にやっておく。

そして結果が順調に出始めたら、次のことに力を注ぎ始める。

これを繰り返した先にあるのは、当初思い描いた多くの理想や希望を叶えている自分というわけです。

発信力を高めていけば、一点突破で結果は出せる

とはいっても、俺自身まだブログで満足に稼ぐという第一段階さえクリアしてない状況。

でも、結果は徐々に伸びてきているし、目標もいまのところクリアしています。

だから、今は他のものに力を入れて分散させるときじゃないと最近になってやっとわかったんです。

ブログで結果を出してから、他にやりたいことを手出していけばいいやん。

やらないことをまず決めよう。

そう考えると気が楽になりました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする