子供に自己陶酔するバカ親にはなりたくないっていうお話

シェアする

みなさんこんばんは、yuyaです。

久々にちょっとオピニオン書きたくなったので今日はそんな日にしようかな、と。

最近、俺の周りも結婚ラッシュの波がきてまして、幸せな報告を聞く機会が多くなってきました。

今日はそんな子持ちの同世代に言いたいことがあります。

子供が生まれたり、家族が増えると途端にSNSが子供であふれかえったり。

あとは俺の夢はもう諦めたから、子供に夢は託したよ、とか。

あれなんなんでしょうね。生活の中心軸が完全に自分から子供になってしまってるの。

俺は今日からあの状態を「子供に自己陶酔するバカ親」と名付けようと思う。

図星突かれた方がいたら、心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

子供に自己陶酔するバカ親はなぜ生まれるのか?

子供が生まれたとき、誕生日を迎えた時ならまだ分かります。

でも、SNSの更新が子供の写真で埋め尽くされている・・

毎年年賀状は子供の写真を載せて送ってくる。

個人の勝手と言っちゃそこまでですが、他に更新したことや変化したことはないのか。

結婚して子供ができると、子供しか変化しなくなる?

はっきり言ってしまうと、おそらく他に何もないんだと思う。

だから、忙しくなってSNSに何も上がらなくなるか、すぐに成長して変化していく子供の写真ばかりになっていく。

専業主婦で、子供と夫の帰りを待つ妻とかだと、日々のルーティーンなんてほとんど同じじゃないですかね?

仕事をしているなら、これから30代に入っていく俺らの世代は会社の歯車の中心になっていくから、朝から晩まで会社のギアにされて自分の時間なんてあるわけがない。

そうなってくると、自分の人生で唯一変わっていくのは自分の子供だけってことになる。

夢=自分の子供になってしまう

そうなるとどうなるか。

もはやその生活で自分自身に夢なんて持てないんですよね。

毎日を過ごすのにいっぱいいっぱいだし、夢なんてやっぱり叶うもんじゃないんだ。

そう思ったあなたが行きつくのは、せめて自分の子供の夢を叶えてあげたいってことでしょう。

それ自体は素晴らしいことだと思いますよ。

俺は小学校時代に、プロ野球選手になりたいという夢がありましたが、少年野球に入りたいと親に直訴すると「役員会が面倒だからやめて」と言われて、初めて描いた夢を砕かれた経験があるので、正直言ってうらやましいくらいです。

でも。

親が自分の夢を叶えられないって思ってるのに、子供が夢を描けるもんでしょうか?

子供は思った以上にしっかり親のこと見ていますよ。

もしあなたがこの記事を読んで、自分が「子供に自己陶酔するバカ親」だと感じたら、少しずつでもいいから直していきましょう。

あなたの人生を立て直すことが最優先

んじゃ改善していくにはどうしたらいいのか?

子供にとって、家庭の環境は成人するまでで大半を過ごす、とても大事な環境です。

特に親と過ごす時間は何より大切。

つまり、あなたが意識して人生を変えていくしかないんです。

あなたの姿を見て、子供は成長していくんですもん。

結婚して子供ができたら、こんな風に忙しくなって子供と過ごす時間がなくなって、自分の夢が追いかけられなくなるのは分かっていたことでしょ?

そんな状態で生まれた子供が、ちゃんとした環境で育てられないと、子供が一番可哀そうなことになります。

将来の人生設計をしよう!

今のまま、時間とお金に追い回されると、子供と過ごす時間どころか自分のために使う時間すら保てるか怪しいですよね。

でも、今の時代ならネットで簡単に副業することもできるし、調べたら何でも出てくる時代。

努力と継続さえすれば、稼ぐことができるものもたくさんあります。

行動するのに遅すぎることなんてないんです。

まず一歩目、踏み出して人生を再設計していきましょう。

あなたの夢はなんですか?

子供に夢を持とうと言うなら、まず親であるあなたが夢を持たなきゃ

この動画は、最近見た中でかなり琴線を揺さぶられた動画です。

自分の子供にとって、誇りに思ってもらえる親でいましょうよ。

あなたは、あなたの子供と10年後どうしていたいですか?

好奇心旺盛になんでも興味を持つ

あなたが好き嫌いをして、自分の好きなものばかりに夢中になるのは、自分の勝手だと思ってませんか?

一人身だとそれでいいかもしれませんが、子供がいるならそれは正しいとは言えないんです。

あなたがサッカーが好きで、サッカーの試合ばかり見たとしましょう。

子供も当然、一緒にサッカーを見ますよね。

すると、当然ながらサッカーに興味を持つ子供に成長するでしょう。

一見、普通のことを書いているようですが、子供が自由に色々なものを見てサッカーを選んだわけじゃないところに問題があると思うんです。

子供にはどんな可能性が眠っているかわからないし、何を好きになるかをあなたが決めるわけじゃないんです。

あなたが自分の好きなものばかりやっていると、子供の可能性を狭めることになりますよ?

子供のためにも、自分のためにも、視野を広く持っていろんなことに興味を持てる人生にしましょうね。

自分が成長できるまで結婚も子供も別にいいかと思う

何様のつもりや、って感じの文章をここまで書いてきましたが、俺はもちろん子供がいるわけではないし、結婚もしてない。

偉そうに書ける立場ではないんです。

それでもこれを言いたかったのは、俺は今日ここで書いたようなことを全てやって、ちゃんと子供に誇りに思われる自分になってから、結婚も子供も考えていきたいなって思うから

でも、これが本来一番だと思うんですよ。

だって子供に生まれる場所を選ぶ権利はないんですもん。

自分のところに来てくれた子供なら、絶対に幸せになってほしいし、経済的な理由で夢なんて諦めてほしくないし、可能性を狭めたくない

夢がない親とか、変化するのが自分の子供だけの人生って、俺はなんかな~って思います。

シェアする

スポンサーリンク