わかやまゆうやのプロフィールはこちらから

手軽に実践できる、エンジニアの運動不足を効率良く解消する方法!

スポンサーリンク
この記事は約12分で読めます。

どうも、満足度の高い生活には運動も欠かせないと考えている、わかやまゆうやです。

 

エンジニアとして働く中で、運動不足の悩みを抱えたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

ゆうや
1日中イスに座りっぱなしの毎日が続いている。
ゆうや
運動不足なことはわかっているけれど、運動を取り入れる時間がない。

 

僕も、コロナでリモートワークになるまではそこまで運動不足でもなかったのに、通勤しなくなってどんどん体力が落ちたのを感じました。

 

運動不足が健康的にも、仕事の生産性的にも良くないことはわかっています。

でも、なかなか生活の中に運動を取り入れるのって難しいですよね。

 

・ジムを契約したけど2回くらい行ったら、面倒臭くなってそのまま退会‥
・公園の周りを走ったりしても3日で断念‥
・週末にまとめて筋トレをしたら、翌日から全身筋肉痛でつらい思い出に‥

 

試行錯誤の結果、エンジニアが運動を取り入れるためには、「気合い」ではなく「環境づくり」が大切であるという結論にいたりました!

 

今回は僕の経験を含め、エンジニアにおすすめの効率の良い運動不足解消法をお伝えします!

ぜひ参考にしていただき、上手に運動を取り入れてくださいね!

 

スポンサーリンク

エンジニアの運動不足は深刻な問題

エンジニアの運動不足って、結構悩んでいる人が多いんですよね。

仕事の都合上、どうしてもデスクワークが長くなってしまいがち。

 

ですが、運動不足が続くとさまざま深刻な問題が発生します。

 

・筋力が低下し、腰痛や肩こりを起こしやすいカラダに。
・運動不足が自律神経に悪影響を及ぼし、メンタルが不安定に。
・生活習慣病のリスクが高まってしまう。
ゆうや
エンジニアで運動不足ループに入ると、かなり危険です。

運動不足は仕事の生産性も下げてしまうらしいので、健康面・仕事面の両方で解決すべき問題ですね。

 

AWSリモートエンジニアの1日の生活

僕は現在リモートエンジニアとして働いていますが、運動を意識せずに1日を過ごした場合、どうなるのかを書いてみました。

 

【リモートエンジニアが運動せずに過ごした1日】

8時      :起床
9時~12時  :勤務
12時~       :昼休み
13時~18時  :勤務
19時      :晩御飯
21時      :風呂
24時      :就寝

ご覧の通り、運動をする雰囲気が全く感じられないスケジュールです。

 

ちなみに、平日の歩数計は外に出ないため、500歩以下の日もよくあります。笑

さすがにこれが毎日続くと、運動不足すぎてヤバイですよね。

 

 

僕の場合は普通に生活すると、このように運動不足まっしぐらなので、工夫して運動を取り入れる必要がありました。

これまでの経験を踏まえて、エンジニアの方におすすめできる運動不足解消法をお伝えします!

 

「エンジニアに」おすすめの運動不足解消法【日常生活編】

最初にご紹介する「エンジニアに」おすすめの運動不足解消法は、日常生活の中で運動できる場面を探すというもの。

 

この方法のメリットは下記2つです。

 

・わざわざ運動をしようというやる気を起こさずに済む。
・負荷をかけずに取り組めるので、継続しやすい。
運動が続かない原因って結局、「時間がない」「運動するのが面倒」などの理由が多いと思います。
特にエンジニアの場合だと、仕事中はPCの前に座っていることが多いので、なおさらですよね。

 

それならいっそ日常生活の中で運動の場面を工夫して作るという作戦です。

ゆうや
運動を日常生活に上手に取り入れましょう!

 

ウォーキングルートをつくる

1つ目は、「ウォーキングルートをつくる」という方法。

 

自分の1日の行動で移動手段を「歩き」に変えられるところを探します。

 

・会社へ通勤するまでの道のりを歩きに変更。
・少し距離が離れたコンビニまで歩いて買い物に行く。
・バスや地下鉄で移動できる短い区間を歩きに変える。

こんな感じで自分の行動パターンの中に、歩くコースを設定してしまえば、自然とウォーキングができますよね。

自分の1日の生活の中で、「ウォーキングルート」を探してみてください。

 

階段を積極的に使う

2つ目は「階段を積極的に使う」です。

 

どんな人でも、階段を上る場面は身近にあると思います。

今まではエレベーターやエスカレーターを使っていたところを、あえて階段に変えることで、ひとつの運動になりますよね。

 

階段だったら上る段数なども調整しやすいです。

最初から無理にたくさん階段を使う必要はないので、あくまで自分のペースで導入してみましょう!

 

意識して階段を使う機会を増やせば、それだけでも結構な運動不足解消に繋がりますよ!

 

何かをしながら筋トレをしてみる

3つ目は「何かをしながら筋トレをしてみる」です。

 

筋トレだけをやるのはメンタル的にも時間的にもしんどいですが、何か別の行動をやりながらだと導入しやすいですよ!

 

おすすめはストレスなくできる行動とセットで行うことですね!

僕の場合には、「歯磨きしながらスクワット」とか、「テレビ見ながら腹筋」とかって感じで、組み合わせてやっています。

 

自分の私生活の行動を振り返って、筋トレを取り入れてみましょう!

 

「エンジニアに」おすすめの運動不足解消法【アイテム活用編】

次に、アイテムを上手に活用して運動を行う方法をお伝えします!

 

先ほどは日常生活の中で運動を取り入れる方法をご紹介しましたが、そもそも体を動かすこと自体がつまらなくて、やる気が出ないことってありますよね。

 

そうした場合には運動に何かアイテムを加えることで、楽しく運動できて、モチベーションも上げることができます!

ゆうや
運動のやる気を爆上げしてくれる便利なアイテムをご紹介します!

 

筋トレ動画をつかって自宅で運動

1つ目は「筋トレ動画」です。

 

最近だとYouTubeなどでもフィットネス系の動画がたくさんアップされていますよね。

自分1人では運動する気がおきなくても、動画を見ながらだったらやる気を保ちやすいです。

 

スポーツトレーナーのレッスンを受けているみたいな感覚が味わえて、意外と楽しく運動できますよ。

自分のお気に入りの筋トレ動画を見つけて、習慣化してしまうのが良いですね。

 

参考までに、おすすめの筋トレ動画を2つほど載せておきます。

ぜひ試してみてください!

 

おすすめ筋トレ動画1:「全身を鍛える自重筋トレ」

初心者向け全身を鍛える自重筋トレ。ジムに通わずに全身を鍛えよう【10分】

おすすめ筋トレ動画2:「HIITトレーニング」

【静かにできる】HIITトレーニング。(マンション用)1日10分の筋トレ。

 

リングフィットで楽しく運動

そして続いては、「リングフィット」を使って運動を楽しくする方法です!

 

リングフィットってご存知ですか?

任天堂から発売されているSwitch専用のフィットネスソフトです。

正式名称は「リングフィットアドベンチャー」ですね。

 

このリングフィットがなぜおすすめかというと、運動をゲーム感覚で楽しめる要素が盛りだくさんだから。

僕も普段から愛用しているんですが、運動をゲームと融合させているから、ほんとに楽しくカラダを動かせるんですよ。

 

よくよく考えてみると、ゲームとフィットネスが合わさったコンテンツって、これまであまり無かったんですよね。

だから、この「フィットネスアドベンチャー」を初めてプレイした時は、その面白さに感動しました!

 

普通にやったらつらい運動でも、ゲーム要素が加わるだけで、モチベーションがまるで違います。

リングフィット1つで、60種類以上のフィットネスが楽しめるので、なかなか運動を継続できないタイプの人は、ぜひ試してみてください!

 

「エンジニアに」おすすめの運動不足解消法【稼ぐ&運動編】

最後にご紹介するのは、「運動しつつ稼ぐ」という視点でのアプローチ。

 

「運動単体ではどうしても継続できない!」という方向けに、おすすめの方法です。

それは、運動しながらお金も稼いでしまうという発想。

現代の便利なサービスを活用して、運動をしつつもお金も稼いじゃいましょう!

 

ゆうや
運動だけでは満足できないという人におすすめ!

 

UberEatsアルバイトで稼ぎつつ運動

この方法でおすすめなのは、「UberEats」でのアルバイトです!

 

UberEatsだったら、必然的に自転車をこぐから運動にもなるし、お金もやった分だけ稼げてしまうという一石二鳥状態。

 

さらに、UberEatsの良いところは、空いた時間にできるという点。

自分のスケジュールの範囲内で調整がしやすいから、アルバイトとはいえ始めるハードルが低いです。

 

【UberEats×運動のメリット】
・移動時の自転車で運動不足を解消できる。
・運動不足を解消しつつ、お金も稼げてしまう。
・空いた時間でできるから、スケジュール調整もしやすい。

しかも、UberEatsの時給はやり方次第で1,200~1,800円程度は取れるみたいなので、報酬額的にも結構嬉しいです。

お金を稼ぐという目的もセットにして、運動のやる気を倍増させましょう!

 

 

エンジニアにおすすめしない運動不足解消法

逆に、「エンジニアにおすすめしない運動不足解消法」という視点でも、お伝えしておきますね。

この方法でやってしまうと、おそらく運動が長続きしないと思います。

 

ゆうや
運動不足を解消するために、これらの方法を使うのはやめましょう!

 

「やらなきゃいけない」と思って運動を義務化する

まずは、「やらなきゃいけない」と思って運動を義務化するということです。

 

義務化をおすすめしない理由は、やる気が損なわれてしまうから。

「運動をしなければいけない」という心理的なプレッシャーが、逆に運動から自分を遠ざけてしまいます。

 

だから、好きでもない運動を義務的に行うのはやめておきましょう。

ぼくも、嫌いな運動は続けられないです。

特に縄跳びは本気で嫌いになりかけました。笑

 

 

いきなり高額なジムに申し込み、ハードな運動を取り入れようとする

2つ目のエンジニアにおすすめしない運動不足解消法は、いきなり高額ジムに申し込みハードな運動から始めようとすること。

 

デメリットは大きく3つあります。

 

1、運動が習慣化していないので、ハードな運動は続かない。
2、ジムに行くのが面倒になり、運動する機会が減ってしまう。
3、ジムの利用料金を無駄遣いしている感覚になり、落ち込む。

形から入ると最初は気分が高まりますが、いきなりハードルを上げ過ぎるのは良くないですね。

今まで運動をしていなかった人が、いきなりジム通いでバリバリ運動できるわけがないです。

 

運動不足なエンジニアにオススメなジム活用法として、パーソナルジムがいいかと思います。
ただでさえ運動不足でモチベーションが上がりにくいので、自分だけのメニューを考えてもらえるとか、オンラインで完結するジムなら続けられるかも。

 

僕のオススメは以下です!
会員制パーソナルジム 『ELEMENT』

東京のお店だけですが、月額34,800円で毎日通いたい放題!マンツーマン指導です。
日本初上陸のパーソナルトレーニング【exercisecoach】
1回たったの20分で、月額9,000円。業界最安値で短時間で結果にこだわるマンツーマントレーニング!

オンラインパーソナルトレーニングのZENNA

オンラインでマンツーマン指導を受けたいならここ!無料体験レッスンあります。

 

まずは運動不足を解消することを目的に、小さく始めるようにしましょうね。

 

 

自分が継続しやすい運動を取り入れましょう!

運動不足を解消するポイントは、「いかに継続させるか」だと思います。

今回の記事でご紹介した、運動を継続するためのポイントをまとめますね。

 

〇日常生活にうまく運動する機会を取り入れる。
〇自分が運動するモチベーションを上げてくれるアイテムを利用する。
〇運動をしつつもお金を稼ぐという、第二の目的をセットにする。

 

上記の中から、自分に合った内容で運動に取り組んでもらいたいと思います。

エンジニアの僕でも運動不足解消に役立ったやり方なので、ぜひ試してみてくださいね!

 

運動には本当にメリットが盛りだくさん。

いくつか具体例を挙げると、下記のような感じです。

 

・運動を取り入れることで、デスクワークしてても疲れにくくなった
・体調を崩すことが減った
・美味しいものを食べても太りにくくなった
・日中眠くなることが少なくなった
・引き締まった体になり、モチベーションが高まった
・仕事で集中できる時間が長くなった

 

もはや、運動をやらない理由はないですね。

早速今日から、運動習慣を身につけたスーパーエンジニアを目指しましょう!

未経験からエンジニアになるには派遣が最短距離!

派遣エンジニアってブラックなんじゃ・・
そう考える人も多いと思いますが、現状派遣はかなりクリーンな環境です。未経験からの挑戦も全然可能だし、正社員に比べスキルアップに専念できます。

ここでは僕が実際に利用した派遣エージェントを中心に厳選して紹介しています。
さくっと登録して、コスパ良くエンジニアになりましょう!

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフパーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)
オススメポイント
  • 未経験でも高単価案件が見つかる!
  • 手軽に派遣登録できる!
  • 案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
ITエンジニアエンジニア実体験
スポンサーリンク
わかやまゆうやをフォローする
わかやまゆうやの勝算