会話のキャッチボールをうまくするための3つの人間関係の秘訣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

こんばんは、yuyaです。

仕事上でも、プライベートでも、人と接して話をする機会は誰もが多く持っていることでしょう。

飲み会の席だったり、打ち合わせの席だったり、雑談することってすごく重要で、人間関係を円滑にする効果があると俺はおもってます。

そういったときに、「俺、人見知りなんで・・」とか言っちゃったり、会話が続かなくて時間の無駄だと感じてる人にぜひ読んでもらいたいです!

なぜなら会話の続く人と話していると、相手の人も次もあなたと話したいと思ってもらえるから。

スポンサーリンク

キャッチボールをする相手に興味を持つ

まず大前提これですね。

会話が続きにくい人に多いのが、話をしている相手に興味を示さない人。

話をするときって、聞く側が乗り出して聞いてくれたり、相槌があったりすると話すのが楽しく感じませんか?それと感覚は似ています。

例を出してみてみましょう。

A「このまえアメリカに旅行に行ったんだ」

B「ふ~ん」

A「初めてメジャーリーグを現地でみれて最高だったよ!」

B「いや、俺野球興味ないしアメリカも行きたいと思わないんだよね」

はい、完全にBがAの話の流れを「興味がない」オーラでぶったぎってますね。

話が続かないのが目に見えます。

もし僕が話す側だったらこのあと相手に話したいって思いませんもん。

まぁそうは言ってもつまらない話をする人は一定数存在するので、今後人間関係を築いていきたい人でなかったら俺ならそれっきりにしてしまいそうですが笑

会話中に否定しない

これも簡単なように見えますが、やってみると案外難しいもんです。

でも、その分効果は非常に高いと思います。

自分が話をしている側で考えてみましょう。

自分がした話を、「いやそれ全然違うし」って否定されるのと、

「そんな考え方もあるんだね」と認めてもらうのと、どちらがいいですか?

前者だとなんだか叱られてるみたいな嫌な気持ちになりますよね。

もちろん、相手の事を思って否定することもあると思います。

そんなときは一度相手の考えを受け入れたうえで、「でも~な考え方もあると思うんだ」

みたいに自分の考えを返してあげると、相手もちゃんと話を聞いてくれると感じてくれます。

自分と相手の共通点を会話中にみつける

個人的にこれはすごく大事だと思ってます。

相手と自分がもう何年もの付き合いのある人なら、自然と話がはずみますよね?

あれはなぜかというと、積み重ねてきた年数のなかに、共に過ごした時間があったりして、2人が共有できる話題を持っているからです。

なので、俺は初対面の人と話すときは、日常的な仕事や休みの日に何をしているかの話題の中から、共通点を見つけることを最優先に考えます。

それが見つかりさえすれば、あとはその話題で盛り上がれるし、その話題に関する質問から次の話題に火が付くときもあるので。

見つかりそうにないときは、相手が興味ある事について質問するだけでも会話は弾むようになります。

もちろん、それも「相手に興味を持つ」、「否定しない」を意識しながら会話してくださいね。

まとめ キャッチボールのうまい人は人間関係も上手な人

結局のところ、会話のキャッチボールは相手がいて成り立つものなので、相手の立場や気持ちを考えて、どうすれば相手が喜んでくれるか、気持ちよく話してもらえるかという「for you」の精神が大事なんですね。

逆に、自分が!自分が!という人はやっぱり話が続きにくいというか、そもそも自分ばかり話しちゃってるというか。

俺が最も苦手とするタイプなので、できれば近寄らないでいただきたい。笑

IT化が進んでコミュニケーションが希薄になった今だからこそ、上手に人間関係が構築できる人は必ず重宝されると思います。

最初っからできなくても、意識して変えていきましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする