ふるさと納税は誰にでもできる節税!費用効果バツグンのわけを徹底解説!

どうも、最近節約とか節税に興味があるゆうやです。

みなさんは「ふるさと納税」って知っていますか?

数年前から、結構話題になっているシステムなんですが、これが案外理解されていないんですよね。

 

「納税って、今以上に税金増やすってことじゃないの?」

「システムがよく分からなくて手が出せない・・」

「何がお得なのかいまいちピンと来ない」

こんな風に思っている人が多いんじゃないでしょうか?

 

僕も実は、ふるさと納税は自分には関係ない分野のことだってずっと思ってました。

ゆうや
だって追加で納税するわけでしょ?寄付みたいなもんじゃん!

ですが実際はそうではなく、お得に少ない出費で節税と欲しい商品が手に入る、そして誰にでも始められる画期的な節税システムだったんです!

 

今日はそんなふるさと納税について、実際に今年納税をしてみた僕の体験を踏まえてお話しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもふるさと納税ってなんだ?

ふるさと納税は、「納税」という言葉が付いていますが、実際に行っているのは寄付行為

自分の好みの自治体に寄付をすることで、その地域の発展や成長の応援、支援ができるんです。

ちなみにふるさとというネーミングがありますが、自分の出身地や地元でなくても問題なくふるさと納税は可能ですよ

 

そして寄付された自治体は、そのお礼として地域の特産品やサービスなどを寄付者に贈呈。

さらに、寄付した額から2000円を引いた額が、翌年の住民税から控除されて節税できるんです!

 

例えば10000円の寄付をしたとすれば、そこから2000円引いた8000円が翌年住民税から引かれて、贈呈品がもらえるということ

ゆうや
つまり、言い換えれば2000円を出資することでその自治体からの贈呈品がもらえちゃうということだね!
★ふるさと納税は納税ではなく、2000円出して贈呈品がもらえるサービス!

 

納税してどんなものがもらえるの?

こういうときの贈呈品って、イメージすると浮かんでくるのはお中元お歳暮のギフトとかではないでしょうか?

あのもらったはいいけど、どう使えばいいか分からないタオルの山とか、自分の好みじゃない洗剤とか。

 

でもふるさと納税でもらえる贈呈品は、自分で好きなものを選べるから安心!

商品の種類も食品だけではなく、日用品や旅行、家電や宝石など、たくさんあります。

ちなみに今回僕は、2万円分の寄付をして18000円の節税と、エビスビール1ケースとバウンドケーキの詰め合わせのセットをいただきました!

これが実質2000円で手に入るのだから、お得以外なにものでもないですよね

ちなみに、当然っちゃ当然ですが、寄付する金額が高くなればなるほど、贈呈品は豪華なものになっていくので、できる限り多くの金額を納税したほうがお得です。

 

自分はいったいいくらまでふるさと納税できるの?

ゆうや
寄付が多いほどいいものがもらえるなら、できる限り納税したほうが断然お得じゃん!

というわけで、ありったけの資金を用意して納税したいところですが、住民税はその年の収入額によって納める金額が違うので、個人個人ふるさと納税で寄付できる金額には違いがでてきます。

その額は家族構成や収入形態によっても違ってくるのでこちらのサイトを参考に一度調べてみてくださいね!

 

ちなみに対象となるのは一年間の収入なので、ふるさと納税は一年に一度寄付をすることができます。

なので、今年の12月までに寄付をすれば、来年また利用することができてお得ですよ!

 

実際にふるさと納税をやってみた!

とまあ、ここまではどこのサイトにも載っている「ふるさと納税」の情報。

どこのサイトを見てもお得お得と書いてあるばかりで、逆にちょっと信じられない部分もありました。

ゆうや
それなら自分で一度ふるさと納税を体験してみよう!

ということで、今回生まれて初めてのふるさと納税に挑戦してきました!

 

まずはどこの自治体に寄付して、何をもらうかをチョイスする

まずは自治体選びと商品選択から。

選び方は人それぞれで、思い入れゆかりのある地域を先に選んでから、その地域の商品を選ぶもあり、商品からチョイスして自治体はあまり考えないものあり。

僕は今回は思いっきり商品重視で泉佐野市を選択しました。

 

ふるさと納税のサイトはどこから選ぶのがいいの?

一概にふるさと納税といっても、最近は寄付を行えるサイトがかなり増えてどこから選んだらいいか迷っちゃいますよね。

ふるさと納税のサイト選びは、いかに自分が好みの商品と出会えるかが一番大事です

いくら節税のためとはいえ、2,000円を払って商品をもらうわけですから、欲しいものがないところで寄付しちゃうと、本当に名前通り寄付の形になってしまいますから。

 

そこで僕が重要視したポイントは、商品の種類が豊富どうか

サイトによっては、女性のアパレルものしか扱っていないとか、食べ物しかないとか。

自治体の名産を持ってくることが多いので、種類が偏りやすいのは仕方ないんですけどね。

 

その基準で選んだふるさと納税のサイトがこちら。

ふるさとプレミアム

食品や日用品だけじゃなく、旅行、家電、アクセサリーなど豊富に種類があります。

 

商品を決定したら、申し込みをして寄付しよう!

自分の限度額がいくらか理解して、その金額内で欲しい商品も見つかった!

そうしたら、あとは申請して寄付を行いましょう!

めちゃくちゃ簡単に終わります。

必要事項を記入していきましょう。

この時間わずか5分程度。

どこのサイトで申請しても、この「ワンストップ特例」をどうするか?と聞かれると思います。

これは、確定申告をする必要のない人向けに、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組み。

必要な方は「希望する」を選んで、申請後に必要書類を郵送する必要があります。

ふるさと納税を行った翌年の1/10までに届かないと、処理してもらえないので要注意

 

6自治体以上に寄付をした場合や、自営業や各種控除などでもともと確定申告が必要な方は、ワンストップ特例制度は利用できないため、確定申告にて控除手続きを行ってください。

 

ふるさと納税の商品が到着!

住民税の控除が出る前に、寄付の贈呈品が先に届きます。

地域差はあると思いますが、僕(大阪)の場合申請してから1~2週間で贈呈品が届きましたよ!

年末に間に合ってくれてよかったです。

ビール代がかなり浮いて助かりました!

 

住民税の控除は?

ここは次の住民税の支払いが出るまでちょっと分からないので保留。

まぁ、控除されていなかったら書類の不手際があったか、自治体側のミスになりますね。

ここはちゃんと結果が出たら追記させていただきます!

 

ふるさと納税は誰でもできる最強の節税!

実際にふるさと納税をやってみて、仕組みを理解すればこんなお得なものはやるしかないと分かりました。

なんせ、2000円払うだけでお得な地元の特産品がもらえちゃうんですから。

申請自体も時間かからないし、確定申告のとき処理が必要になったりワンストップ特例の手続きをちょろっとするだけ。

 

あのビール1ケース、安く見積もっても4500円はします。

バウンドケーキも20個くらい入ってて美味しい。

どう考えても2000円で得られる代物じゃないことは誰にでもわかりますよね。

 

これぞ、知る人ぞ知る最強の節税方法です。

いつまでふるさと納税のシステムが続くかは分かりませんが、どんどん登録自治体も増えて賞品も色とりどりになっている今こそ、お得に節税してみませんか?

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフ
オススメポイント

✅未経験でも高単価案件が見つかる!
✅手軽に派遣登録できる!
✅案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
スポンサーリンク
コスパの良い人生
ゆうやをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワカヤマだいありぃ