<完全保存版>初めての海外旅行でも困らない!厳選便利グッズリスト!

シェアする

どうも、生まれて26年間、海外に一度も行ったことがなかったゆうやです。

先日、仕事の用事と観光を兼ねて香港へと行ってきました。

僕は普段国内旅行にはよく行くんですが、今回は初の海外旅行。

海外って日本と全く勝手が違うし、言葉も通じない、食べ物も安全かどうか分からないところで、何か持ち物に不足があったら楽しむものも楽しめなくなっちゃいます。

かといって不安になったものを全て持っていけば、荷物がパンパンになって重いカバンを持ち歩いて観光する羽目になっちゃうし。

ゆうや
いったいどうしたらええねーん!!

そんなことを考えながら初めての海外旅行に行って、

「これは持って行って正解だったな!」

「持っていかなくてもよかったんじゃね?」

となるものが分別できたので、今後海外に行く人の役に立てばいいな、と思い「厳選便利グッズリスト」としてまとめてみました!

スポンサーリンク

海外旅行に持っていくべき厳選便利グッズリスト

パスポート

まずはコレ。

便利というかないと話にならない。出国できません。笑

パスポートの申請は、各都道府県にある旅行事務所での申請になります。

申請には住民票、戸籍謄本、顔写真、印鑑、本人確認書類(免許書など)がいります。

都道府県によって微妙に違うかもしれないので、確認してみてください。

ちなみに僕の場合は、戸籍謄本が住んでるところから離れているところにあって、それを取り寄せるのに1週間くらいかかってしまいました。

パスポートの発行にも1週間弱かかるので、遅くても旅行に行く1か月前には準備しましょう。

キャリーバック

海外に行くならキャリーバックがオススメです。

日帰り出張ならいらないですが、3泊くらいするなら確実にこっち。

海外へ行くということは、必然的に飛行機も使いますよね。

空港でいろいろな手続きがいるのですが(入国審査や荷物検査)、結構長い間歩き回る必要があります。

それに飛行機に荷物として積まれる際は乱雑に扱われる可能性もありますし、しっかりしたキャリーバックが絶対おすすめ。

現地でも、ホテルに着くまで迷うことも考えたら、重い手荷物は持ちたくないなぁというのが僕の思うところです。

リュックサック・ボディバック

大きな荷物や服などはキャリーバックでOKですが、街を観光したりするときにずっと引きずっていくのも大変。

そんな時に小型のカバンは大変重宝します。

でも絶対やめたほうがいいのは、口をチャックなどで閉めることができないハンドバック。

海外は日本ほど安全ではありません

とくに行く場所によっては日本人の観光客だとバレバレな国もあると思うので、そこで盗難に遭うとせっかくの旅行が台無しになってしまいます。

予防できるところは自分から。

スリに遇うリスクも減らせますし、両手が空いて移動もラクになります。

僕がおすすめするのはリュックサックかボディバック。

どちらも体に密着するタイプで、手荷物が多めならリュックサック、少なくて出し入れが楽な方が良ければボディバックですね!

海外対応ポケットWIFI

海外対応のポケットWIFIは、今回持って行って一番よかったと思うものです。

普段使ってる携帯でもデータ通信は可能ですが、契約が日本国内の通信なので海外で通信するときにはめっちゃ高い金額がかかっちゃうんですよね。

1日3000円くらいぼったくられます。

なので、出国前に必ず「モバイルデータ通信をoffにする」ことを忘れずにしておくこと。

そしてネットにつなぐのはWIFIがあるところに限定しておくのですが、セキュリティ的にちょっと心配だし、さらに言うと街中にWIFIはないし、観光中に絶対調べ物で使いたくなる時があるんですよね。

お金に困っていない方は1日3000円払えば何の問題もないですが、そうはいかない方には海外対応のレンタルWIFIが超オススメ。

オススメはグローバルWiFi

国にもよりますが、1日300円とかでレンタル可能でかなりお得です!

実際使ってきましたが、朝から日付が変わるまで電池も持ちますし、容量の1日250MBを超えてもネットやSNS、グーグルマップを見るくらいなら平気でした!

コンセント変換プラグ

僕は今回海外へ行って初めて知ったのですが、コンセントの穴って世界共通じゃないんですね。

どういうことかというと、今普段使っているコンセントのプラグ、あれはあのままだと挿せないということです

ゆうや
えっ、それなら充電とか何もできんやん!

・・・となるのを防ぐために、コンセント変換プラグという便利なものがあります。

国によってコンセントの穴は異なるので、形状に合わせてセッティングすることでいつも使っている2つ穴のコンセントが使えるようになりますよ。

この変換プラグは、場所やホテルによっては元から付いていたり、貸出ししてくれるところもあるみたいですが、持っておくに越したことはありません!

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーも必須でした。

何度もコイツのおかげで助けてもらいましたよ。

スマホやポケットWIFIの電池残量がなくなってきた、でもホテルじゃないし充電できない!
そんなときにフル充電が何回かできる小型のバッテリーです。

海外にいて電波の悪いところにいると、スマホ自体の機能で電波を頑張って探そうとしてしまい、通常より電池の減りが早いことがあるんですが、海外では電池の減りが早いことが頻出します!

なので個人的には、スマホとWIFIの2回分くらいできる容量があるものがオススメかなー。
僕はこういう感じの使ってますよ!

お金(現地と日本)

当然ですが海外では日本のお金を使って支払いをすることはできません。

空港や、現地の換金ショップで日本円を現地のお金に換えてもらう必要があります。

ポイントは、

①使う分をあらかじめ決めておき、交換した分は使い切って帰国する
②空港は割高なので、現地で換金する
③日本円もある程度持っていく

 

の3点です。

換金するのには手数料がかかってくるので、1度現地のお金に換金して再度日本円に戻すと2度手数料が取られることになるんですね。

なので、現地に着いたら使う額を先に決めてその分だけ使うようにしましょう。

そして日本に帰ってきて、1円もお金がない!では何かあったとき困りますし、現地でお金が足りなくなったときの換金にも使うので必ず日本円もある程度持っていきましょうね。

クレジットカード

クレジットカードは絶対あったほうがいいです!

あまり多くの現金を持ち歩くのも治安上危ないですし、余計なお金を現地のお金に換金し、最後手数料を多額取られるというリスクを減らすためにも、カード払いはかなり有効です。

そしてできればVISAやMasterCardだといいですね。

理由は海外の加盟店が多く、対応が利きやすいから

せっかく現金を減らして持って行ったのに、カードが使えないのでは話にならないので、VISAやMasterCardをオススメしておきます!

あと、カードは海外に持っていくなら「海外旅行保険が自動で付帯するカード」が断然オススメ。

旅行中に不慮の事故や病気にかかってしまった場合、こうした保険があるだけでもかなりの安心感があります。

事故の傷害で200万円。疾病の治療で270万円

あと旅行中に携行品(旅行に持参した持ち物)が壊れたりしても、10万円までの保険がついてきます。

めちゃくちゃ心強いですね・・!

EPOSカード年会費無料でこの海外旅行保険に自動で加入できる優れもの。

1枚あるだけで、何か起こっても安心して旅行が続けられますね。

普通にこうした保険に加入したら5000円くらい取られるので、海外旅行保険に入れてカードが手に入るとか、かなり嬉しい!

飲料水

これもよく聞く話ですが、水道水が塩素で消毒され、安全とされているのは日本くらいなものです。

必ずミネラルウォーターを準備しましょう

現地のスーパーやコンビニで、その日飲む分を調達するのが一番いいと思います。

お風呂や手洗い、洗顔は水道の水でOKです。

間違っても飲んでしまわないように。

まとめ

以上のアイテムが、海外旅行を楽しむうえであったら便利なものです。

もちろん、日用品とか普段の旅行で使うものは持って行ってくださいね。

それと合わせて、海外旅行だからこそ持っていけば役立つだろうな、と僕が感じたものをまとめてみました。

せっかく楽しんで旅行に行くのなら、準備は万端にして出発したいものです。

皆様の旅行が楽しいものになりますように。

シェアする

スポンサーリンク