<事務職バイブル>あなたも転職してみたくなる!? 事務職をやるメリット6選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、yuyaです。
事務職って聞いた感じなんか難しそうなことやってるイメージってないですか?
俺も最初は経理のことを全く知らずに社会人になったので、そんなイメージを持っていました。

なぜかっていうと、文字にして経理事務を説明すると、どうしても難しそうな言葉が並んじゃうから。

売掛処理、入金確認、伝票管理、会議報告、月次決算、給与計算、etc・・

でも、実際仕事をすると意味が分からない難解なフレーズはほとんど出てこない。
簿記検定のような資格が必要と思われているけれど、実際本当に必要な場面って会計事務所で経理事務するときくらいじゃないですかね?
俺自身資格は一切持たずに経理をやっていますし。
資格についてはこちらでも詳しく語っています。

合わせて読みたい

今日は、あなたの事務職に対する難しいという固定概念を取っ払い、事務職に就くことで得られるメリットについて語っていきます。
事務職って、実はスゴイ仕事なんですよ

スポンサーリンク

メリット1 縁の下の力持ち、全体をサポートできる力が付く

まずコレ。
経理の仕事で一番主なのは、会社の月ごとの売上がどれくらいあったかをまとめて、報告する段取りをすることなんです。
これを別名「月次決算」というのですが、これをするときに絶対に社内の店長や部長と連絡を取り合う必要が出てくる。

各支店の売り上げをそれぞれ出さないといけないのですが、支店のほうは売上を上げるために最前線で戦っているので、そういった事務関係の処理は弱いことが多いんです。
つまりミスがアホなくらい見つかる。
でも、それを訂正していくのって店長クラスの人と会話したり、認めてもらえるすごいチャンスなんですよね。
支店からすると、自分たちが苦手な事務関係を補ってくれる有難い存在なんですよ、経理の人って。

ここでポイントは、間違っても上から目線で連絡をしてはいけない、ということ。
事務職はなんでもそうですが、物腰やわらかく丁寧に対応することが必須です。
相手の立場に立って、物事を進めていきましょう。

目には見えないけど、会社にとって欠かせない存在になれます。笑

メリット2 社内のだれよりも、全社員と近い存在になれる

事務職は、基本的に社内の人が自分のお客様みたいなもんです。
単に事務作業をしているだけだとつまらない仕事になりかねませんが、やっていることの全てが社員のためになってる仕事なので、自分がやっている仕事がどうつながっていくのか考えてみると面白いかもしれません。

また、仕事中に何か困ったことが起こると真っ先に連絡がもらえるのが事務職です。
事故、故障などのハプニングが起こった時、全力で社員の人をサポートしてあげましょう。
そこで「次もなにかあったらあの人に頼もう」と思われるか、「あいつには頼みたくない」と思われるかは、どれだけその社員の方のためになるかを思って行動した熱量に比例してきます。

でも、このことにスキルは特に必要ないんです。いるのは経験だけ。
社員に頼られる事務職になれると、やりがいも一味違ってきて仕事が楽しく思えます。
社員の方が困ったとき、真っ先にあなたの顔が浮かぶような状態が理想ですね。

メリット3 計画性を身につけることができる

事務の仕事は、ほかの仕事以上に期日や時間に間に合わせるのが大切な仕事です。
お金や個人情報を扱うことも多いので、それを守ることは信用問題にも直結してきます。
事務仕事は大抵の場合、複数人数でチームを組んで行っていくので、自分の仕事が期日を守れないと他の人にも迷惑がかかってしまうんですね。
なので、自分自身でスケジュール管理をしっかり行うことがとても大事です。

どの仕事にどれくらい時間がかかるか、ここで連休があるから先に前倒ししておく必要があるとか、
タイムマネジメントをできるように習慣づけていきましょう。

メリット4 1年中空調の利いた環境で仕事できる

正直、俺はこのメリットがめちゃくちゃ大きい気がします。
めちゃ暑がりなので、真夏の日に炎天下の中歩き回って営業、なんて狂気の沙汰です。笑
職場にもよりますが、うちの職場はラジオが流れ、時にお菓子を食べながら私服で仕事ができています
だんだんと在宅勤務が認められてきている時代になりつつありますが、それに次ぐ良環境で仕事ができるって最高ですよ。

メリット5 給与面も他の仕事と遜色ない

事務職って給与少ないイメージありませんか?
あれ、働く場所によるだけですよ。
実際俺は前職正社員で営業からスタートし、その後経理事務に転身しましたが、給与面は全く変わらずでした

もちろん、旧式な会社だと事務職を軽視して給与水準を下げているふざけた会社もあるので、仕事に就く前にちゃんとそのあたりも確認はしましょう。

メリット6 正確に仕事をこなすクセ、集中力がつく

メリット3でもあったように、事務職は信用や責任が常に付きまとう仕事です。
つまり、そこでミスをすることは極力避けなければならない。
え?それって難しいんじゃ? と思った方。
大丈夫です。ミスは誰でも簡単に防ぐ方法があります。

それは、自分のやったことを何度も何度も見直し確認し、チェックをしていくことです
「なんだそんなことか」と拍子抜けする人もいるでしょうけど、この単純なことができてない人がどれだけ多くいるか。

チェックを正確にすることが難しいのは、人間だれしも2回目3回目の同じ作業になると集中力が低下してくるからです。
または、どこかしら多分合ってるんじゃね?とかいう根拠不明の自信が湧いてきたり。笑

いきなり最初から完璧は無理だと思いますが、徐々に正確性をあげていくことは可能です。

まとめ あれ?事務職マスターできたら最強の人間力持てるんじゃね?

とまぁここまで事務職の実態、メリットについて語ってきましたが、
これ見返してみてください。

サポート力が付き、コミュニケーション力が向上し、タイムマネジメントを実践でき、快適な空調の中で、お金もそこそこ、そしてミスなく仕事する力が身につく

こんな仕事、ほかにありますかね?笑

昔の職場の上司がこれらのスキルをかなりの高レベルで持っておられて、「俺もいつかはこうなりたい・・!」と思ってましたが、その人は事務職一筋で定年間近までやってこられた方でした。

今の時代、転職する人も増えているみたいですが、企業が求めているのは単一の仕事ができる人ではなく、優れた人間性をもった人材です。
仕事でもそうですが、プライベートでも人間力ってほんとに大事だと思います。
どうせなら、人間力がしっかり身につくフィールドで活躍しませんか?

合わせて読みたい