英語が死ぬほど苦手な人が英会話体験を受けるとどうなるのか?

シェアする

どうも、世の中の勉強科目で英語がなくなってしまえばいいのにと本気で思ってるyuyaです。

唐突にすみません。

ただ、俺はそれほどまでに英語を嫌うほどに英語が苦手だし、将来的にも使うことはまずないだろうと思ってもいます。

しかし、そんな俺の思いに反して世の中はどんどん英語ができる人が求められていく時代。

経理やITの世界でもそれは例外じゃなく、できるに越したことはないのは事実です。

合わせて読みたい

そんな俺が、仕事の関係で英会話体験を受けることになってしまった!

まぁ、仕事じゃなければ100%やることのなかったであろう世界だったので、こういう体験をさせてもらえることに感謝ですよね。

今日は、俺のように英語が苦手で話すなんて・・と感じる人に、英会話体験を受けてどう感じたかを伝えたいと思います!

スポンサーリンク

俺が受けた英会話サービスはMainichi Eikaiwa

Mainichi Eikaiwa

俺はこれまで英会話サービスについては知識がなかったんですが、このMainichi Eikaiwaでは最初に無料体験サービスを受けることができます。

オンラインでスカイプを通じてレッスンが行われるので、場所や時間も融通が効きます。

そして、在籍する講師全員が、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などのネイティブスピーカー。

正確な発音の英語を手に入れることができそうですよね。

さらに、受講者の英会話レベルに応じて日本語ができる講師を選ぶこともできます。

俺はもちろん日本語ができる講師を選びました。

たまに意味の分からない英単語が出てきたときもこれで安心。

スポンサーリンク

実際にレッスンを受けてみた

俺のレッスンを担当してくださったのが、アメリカ人のJessie講師。

めちゃきれいな人でした。

実際対面で英語で話すのは俺にはハードルが高すぎる。

オンラインでよかったかもしれない。笑

英会話体験レッスンは50分間。

正直、ネイティブの人とまともに話すのは高校の英語の授業以来なので不安しかない。

特に自己紹介後の流れがどうなるのかが正直怖かった。

と、始まるまでは緊張しまくってた俺ですが、いざレッスンが始まると、おそらく俺の稚拙な英語力をJessie講師が一瞬で見抜いてくれ、簡単な単語を多く使って会話してくれました

おかげで、どうにか言われたことは理解できるし、何とか伝えたいことも半分ぐらいは表現できたかな?

自己紹介で10分くらいお互いの趣味や仕事のことを話した後、Jessie講師がスカイプに英語のテキストを出してきてくれました。

こんな感じのやつ。

これをお互いがどちらを読むかを選んで、そのあと分からない単語のことだったり、この文章のテーマについてだったり、英語の内容を理解しているかの質問が飛んできたり。

例えばこの文章だったら、子供のころにテレビゲームをどれくらいしてたの?

とか、

テレビゲームがいじめにつながると思う?

とか。

正直、このシステムが非常にありがたかった。

だって、これなら学生時代の英語の授業でやっていた内容を、英語でやっているだけだから。

俺がスピーキングとリスニングが苦手で、リーディングはまだ得意なのも大きかったかな。

こんな感じで何個かテーマについて話しているうちに、あっという間に50分は経過してました。

英語が苦手でも、英会話ができないってことはない

冒頭で話した通り、俺は本当に英語が大の苦手です。

そんな俺でも、百戦錬磨のネイティブ講師の力のおかげで50分間の英会話を楽しむことができました。

初めての体験で、めちゃくちゃ緊張したり、しどろもどろになったりもしたけど、英語がこれからの世の中で必要だっていうのは変わりないことだと思う。

その将来で、自分がどれほど英語と関わっているかは分からないけど、海外に行くこともあるだろうし、苦にならないレベルに英語が話せたらやっぱりいいなぁって感じました。

会話にならなくて、沈黙が起きたらどうしようとか、始める前は考えてしまうものだけど、勇気をもってやってみると案外意味は通じるものです。

大切なのは、文法や言葉をパーフェクトに操ることじゃなく、コミュニケーションを取ってみようという自分のモチベーションなんですよね

ぜひ、興味があるかたは無料体験をやってみてはいかがでしょうか?