やる気がでない、落ち込んだ時、ネガティブな時に見る動画4選

シェアする

どうも、普段はポジティブにふるまっているゆうやです。

人に「ポジティブだね」「失敗しても前向きだね」って言われることが多い今日この頃ですけど、実は家に帰って一人になったら結構ネガティブになります。笑

根がネガティブな人間なので、傷つくことやへこむことがあるとその場ではそれを見せないようにするけれど、あとになって「なんであの場面でこんなことしたんだろう・・」と後悔してばかり。

「どうやったらそんな前向きに居られるの?」と質問を受けたので、今日は俺がネガティブになってやる気が出ず、落ち込んだときに意識してやってることを5つ、皆さんに紹介したいと思います!

スポンサーリンク

元気を出したいときに見る動画 「本気の架橋」

皆さんは松岡修造さんをご存じでしょうか?

テニスプレイヤーとして90年代四大大会などで活躍された、有名な人です。

実はこの人、自分を奮いたたせたり熱く前向きな発言をすることで一時有名になったんです。

その想いの熱さは、松岡さんが日本を離れていたから日本に豪雪が起こったとか、雨が降ったとか言われるほど。


そんな松岡さんの名言と、俺の大好きなゆずの「栄光の架橋」という名曲とがコラボした動画がこちら。

これ見て松岡さんの言葉聞いてると、「こんなところで落ち込んで立ち止まってるわけにはいかないな」って思えるんです。

特に最後の大サビで言われる「ぬるま湯なんかに浸かってんじゃねぇよお前!」の一言。

ちょっとしたミスやつまらないことでクヨクヨしてる自分がバカだって気づかせてくれます。

就活のころからこの動画にはお世話になり続けてますね。

ついついサボリがちな自分の尻を叩きたい時にも見て、やる気だしてます。

未来思考へチェンジできる「明日はきっといい日になる」

落ち込んだりすると、「あぁ今日はもうどうでもいいや」って気持ちになることがよくあります。

でも、翌日起きた時にまで引きずりたくはない。

そんなときには高橋優さんの「明日はきっといい日になる」という曲をエンドレスで聞き続けます。

曲全体がとにかく前向きな歌で、辛いことや苦しいことがあっても考え方ひとつで幸せかどうかは変わってくる、それはあなた次第だよって伝えてくれます。

特に響くのは「どの出来事も君を彩る絵の具になる」「思い通りの人生じゃないとしても、それを幸せと選ぶことはできる」ってフレーズ。

たとえ今日がどんな辛いことがあっても、明日はきっといい日になる。

そんな願いをこめて。

スポンサーリンク

とにかく笑って忘れろ! 「軟式globe」

前向きな動画やポジティブな歌もいいけれど、なんかそんなのを聞く気にもなれないときだってあります。

そんなときはとにかく笑って忘れる!

軟式globeというのは、2000年代初めにV6の「学校へ行こう」というTV番組の企画で結成された替え歌グループ。

元ネタは、小室哲哉さんがプロデュースされた「globe」という歌手グループです。

まぁ、元ネタを知らなくてもこれは存分に笑える動画だと思います。

俺はリアルタイムから彼らのことをTVで見てたのですが、当時から腹がよじれるほど笑わせてもらってました。

特に後ろで踊ってるパーク・マンサーの動きとラップに注目。笑

今でも笑ってスカっとしたいときに重宝してる動画です。

感動MV 「SAY YOUR DREAM」

最後はこれ。

普段、滅多なことで感動して心が動くことはないんですけど、このPVは反則。

曲自体もすごく好きだし、PVとして流れているストーリーが映画並みのクオリティと感動を届けてくれます。

舞台は東南アジア、戦後直後の捕虜として囚われている日本人兵士たちのお話。

動画が曲のPVと思えないほど長いんですけど、一度見だすと最後が気になって止まらなくなるやつです。

辛いときに努力していると必ず自分に味方してくれる人が現れること、世の中は因果応報救われるときがくることを教えてくれる動画。

クライマックスで感動すること間違いなし。

カッコよすぎます。

どんな方法でもいい。前向きになれる方法を知っておこう

ここで紹介したのはあくまで俺が落ち込んだときによくお世話になってる動画であって、みなさんが見ても大した気づきや開き直りにならないかもしれません。

一般的には辛いことがあったときは、誰かにぶちまけたり、暴飲暴食に走ったり、好きなことに没頭して嫌なことを忘れたりが多いですよね。

なんでもいいんです、少しでも前向きになれる要素があるのなら。

大切なのは、苦しい時にその現実をどう呑み込み、翌日や次の場面に引きずらずにモチベーションを保てるか。

辛いことが起きない人生なんてない。

ただ、ポジティブな人はその処理の仕方が上手なんです。

この記事が少しでもみなさんの気持ちの整理の役に立てばうれしいな。

シェアする

スポンサーリンク