未経験からエンジニアの派遣になったら、時給1500円に上がって驚愕してる件

シェアする

どうも、5月まで経理のyuyaです。

先日のコチラの記事で書いたのですが、4年間やってきた経理から、ネットワークエンジニアへの転身が決まりました。

理由についてもそちらの記事で詳しく書いてますのでよければどうぞ。

そこで一番びっくりしたのが、IT業界のインフレ時給

未経験でエンジニアになるので、最初の時給については正直期待していませんでした。

なのに、4年間やってきた経理の派遣より、未経験でなろうとしたエンジニアの派遣のほうが時給が高かったんです!

金額にして時給1500円。

正直、大満足してます。

今日はその件について詳しく書いていきますよー!

スポンサーリンク

そもそも派遣は、即戦力を求める代わりに高時給

俺は去年の4月から、正社員を辞めて派遣として経理で働いてきました。

今の時給が1400円。

それでも、学生時代のスーパーのバイトが800円ちょっとだった俺からすると、破格の金額に思ってました。

派遣という仕事は、どんな業界であろうと即戦力として求められる場合が多いんです。

少なくとも、一から育てていこう!といった感じではないのが事実。

派遣のシステム自体が、ある程度実力を持った人が活躍できるようになってますしね。

派遣を求める企業からすれば、正社員ほどのコストはかからないけど、即効性のある求人を手に入れることができる。

一方で派遣社員は、正社員ほど会社に縛られることなく生活でき、スキルを学びながらこれからのキャリアを形成できるが将来性は不安。

このようにメリットを共有しているのが派遣なんです。

だから、実力を求められる派遣はそこそこ高時給な案件が揃っていることが多い。

未経験なのに派遣エンジニアになれた理由

ところがエンジニアの派遣については、実力がなければできないのか?と言われると、そうではなかったということになる。

だって、IT完全未経験の俺が今回見つけた仕事は、未経験OKのネットワークエンジニア。

一から学ぶ研修みたいなのに、時給は経理時代より高い金額。

これにはもちろん理由があります!

エンジニアの人材が不足している

まず理由の一つは「エンジニアの人材が枯渇している」ということ。

エンジニアの仕事は、現状どんな業界でもネットワークやサーバーの構築といったものを使用していることで、需要はかなりあるのは間違いない。

でも、その一方エンジニアの技術や知識を持った人は、まだまだ少ないのが現在の状況です。

いわゆるITバブルというやつですね。

つまり仕事はたくさんあるが、成り手がそれに追いつけていないんです。

なので高時給にも関わらず、未経験でもOKのような案件が出てくるわけ。

この傾向は、都心部に行くほどきつくなっているようです。

エージェントに聞いてみると、東京に行けば案件はゴロゴロ転がっているとか。

俺は大阪ですが、それでも素晴らしい案件と出会うことができました。

優秀なエージェントに出会えたから

今時、転職するのにエージェントを使っていない人なんていないと思いますが、どのエージェントに転職をサポートしてもらうかはすごく大事な要素です!

俺は今回、パーソルテクノロジースタッフの派遣 を利用して転職しましたが、ここは本当に素晴らしいエージェントでした。

  • 高時給の案件が見つかりやすい
  • インテリジェンスとテンプスタッフが統合しているので、トップクラスの求人数が集まる
  • 来社しなくても登録ができちゃう手軽さ
  • ITエンジニアに特化しているので、安心してサポートを任せられる

ぱっと上げただけでもこれだけ多くの利点があります。

エンジニアになろうとしている人だけでなく、エンジニアのキャリアアップ・スキルアップを考えている人にも絶対オススメできるエージェントです。

未経験からでもITエンジニアにはなれる!

今回転職を決意するまで、色々な情報や意見を参考にしてきました。

IT関係に携わっている人が周りに多いおかげで、経験者から多くのアドバイスをもらったのですが、一番よく言われたのが「できるから、考える前にエージェントに登録して動いてみたら?」ということ。

エンジニアという経験したことのない土俵で、自分が認めてもらえるかすごく不安だったのですが、そのアドバイスを素直に信じて活動をしてみたんです。

その結果が、時給があがって研修から学んでいける派遣でエンジニアを始められたという事実。

正直、自分の生活もあるので時給は下がるときついな~って思ってました。

でも一から学びながら仕事するのに、文句も言ってられないかな、とか。

だけど実際動いてみたら、そんな心配は全部杞憂だったんですよ。

俺と同じように悩んで動けない人にも、ぜひ一歩を踏み出してみてほしい。

完全未経験からでもエンジニアになれるということを、あなたも証明してみましょう!