もういらない!? これから未来の仕事に資格が不要な理由

シェアする

みなさんこんばんは、無資格・未経験で経理をしてるyuyaです。

みなさんは資格を持ってますか?

資格といっても、運転免許のようなほとんどの人が持ってるようなものから、建築士のように国家資格で難しいものからたくさんありますよね。

俺自身は運転免許と漢検2級っていう特に自慢できるものはないのですが、社会人1年目のときにリフォーム会社の先輩から言われたのが

時間がある今のうちに資格の勉強してたら有利になるよ

ってアドバイスでした。

当時の俺は何も社会の事を知らなかったので、素直にそれを受け入れ、インテリア関係の資格を取ろうと仕事と勉強を両立させようと頑張っていたのです。

結果的に時間がなさすぎたのと、その仕事を長く続けるビジョンも見つけられず不合格でしたが。

でも、今になって分かったのは

「資格なんていらなかった!」

これに尽きます。今日はこれについて詳しく書いていきたいな、と。

スポンサーリンク

そもそもなんで資格が必要なのか?

資格にも様々ありますよね。でも主に2つに分類できます。

自己向上意欲につながる資格
専門性が高く、それに対して許可を受けるための資格

前者は漢検や英検の類です。

自分が勉強するにあたって、どこまでのレベルに達したかという指標になるので、勉強を頑張る一つの目標になりますね。

ただ、その資格があるからといって、自慢するぐらいしか役には立ちません

それでも最近は英語の重要性が高まっているので、TOIECとかは次の後者の部類に近いかもしれませんね。

後者のほうは、運転免許や一級建築士などの仕事に用いられることが多いものです。

それがないと、~ができない といった感じのものなので、資格を持っているとできる仕事の幅が広がります。

社会人になったとき「資格を取れ」とアドバイスされたのは、この後者の資格を取ることで活躍できる場を増やせるよ、という上司の心遣いだったのです

・・・と昔の俺も勘違いしていました。

スポンサーリンク

資格取ったら人生勝ち組になれるの?

よくよく考えてみてください。

例えばあなたが建築士の勉強を必死に頑張って、晴れて受かったとしましょう。

ですが、当然だけど建築士の資格を持っているのはあなた一人ではないですよね

あなたと同じように建築士の資格を取ろうと勉強してた人が他にもたくさんいたはずです。

もしもあなた一人がその資格を持っていたら、それはすごく価値の高いことですが。

何が言いたいかというと、資格を取ることであなたの価値が上がるかというと、そうではないということです

弁護士の資格があるからといって、結局仕事の中身が問われるわけだし、資格を取ったからと言ってバンバン仕事やお金が舞い込んでくるわけでもありません。

弁護士も近頃は平均年収が600万ほどになってしまっているようです。

詳しくはこちらから。

弁護士の給料半減! 年収200万~300万も当たり前の悲惨な現実 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online
日本最難関ライセンス、弁護士の給料が悲惨なことに。年収200万~300万は当たり前、日本のエリートにいったい何が起こっているのか。

残念ながら資格を取ったからと言って人生勝ち組になれるとは限りません

一つフォローするとすれば、無職の状態から資格を取った職業に就く分には資格は非常に優れています。

経理の世界でも、そりゃ俺みたいに資格もなにもない人より、簿記検定でも持ってる人のほうがぱっと見よく思えますもん。

だけど仕事はちゃんと任せてもらってますよ。

資格とか専門職はやりたい人に任せておけばよい

資格がいらないのはわかった。

それでも弁護士の仕事がしたい、建築の仕事がしたい、美容の仕事がしたい、飲食の仕事がしたい。

色々したいことってありますよね。

でも、資格もなにもなしにこれらの仕事ができてしまう手段があります

それはなにかというと、自らがオーナーとなって、建築の仕事がしたければ建築士を雇ってしまうということです。

オーナーになるということに資格はいりません。

ただ、専門職の人を雇用する経済力があるかどうかだけです。

簡単な例を出すと、三菱グループって様々な分野に進出していますよね。

自動車・電気・鉄鋼・不動産・造船・銀行などなど。

では、三菱のオーナーさんはこれら全ての分野のスペシャリストなのでしょうか?

そんなはずないですよね、オーナーさんはそれぞれの会社の社長や社員を雇用して、これらの分野の経営をしているのですから。

つまり、自分がしたいと思っていることをプロフェッショナルな方にお願いして、自分はそれをマネジメントする側に回ればいい。それに必要なのはお金ってことです。

まとめ 資格は不要!自立した経済力をつけるべし

今したいことや夢をぶち上げてその仕事に就いてしまうと、結局は時間や人間関係に苦しんで楽しい人生にならない場合が多いです。

俺自身、将来はカフェの運営をしたいという夢がありますが、それは今実行すべきことじゃないと思ってます。

資格を取る暇があったら、自立した経済力を身に着けることに専念したほうがいい。

既に成功している人のそばで過ごすことで、思考や価値観、感性を学ぶことのほうがよっぽど大事です。

資格はもう賞味期限が切れかかってます。

あなたはそれが分かってても、今の泥沼に足を突っ込んでいきますか?

この機会に一度見直してみましょう。

シェアする

スポンサーリンク