ポジティブになるには? 頑張ってポジティブにならなくてもいい。

シェアする

あけましておめでとうございます、yuyaです。

みなさんはどんな年越しができましたか?俺は大阪で友達とわいわい騒いで年を越しました。

やっぱりいつになっても一緒に楽しめる仲間っていいもんですね。

んで、初詣でおみくじ引いてきたんですが、結果は末吉でした。

が、書いてあることがなかなか辛辣なことが書いてありまして。

闇夜に道に迷うがごとく進退に窮し、いたずらに行動するとかえって破滅を招くおそれあり。次第に夜明けを迎えるように一筋の光明を待って行動すべし
<原文ママ>

普通の人だったらちょっと凹んで「今年はアカン年なんかなぁ~」と思うとこでしょうか。

俺はどう考えるかというと、

「なかなかこんな人を凹ますおみくじ引けへんやろ!次第に良くなるってかいてあるし、なんかいいことあるかもな~」って考えます。

自分でいうのもなんですが、相当ポジティブ人間です。(笑)

でも、もともとは根っからのネガティブを突き詰めたような人間でした。

ポジティブシンキングは、何か努力して身につくものではないんです。何個かの事実を知ってしまえば勝手にポジティブに考えられるようになります

今日は知っておくとポジティブに考えられるようになる事実を皆様にお伝えしますね。

スポンサーリンク

自分の思考・言動は徐々に実現する

まず最初に伝えたいこととして、自分が言ったことや思ったことは、遅かれ早かれ実現するほうに動いていく、ということです。

人間には「潜在意識」と言われる、無意識に人間の行動や思考や意思決定に大きく関与しているものがあります。

この潜在意識は、自分が言ったことや思ったことで決まってくるって知ってましたか?

よくスポーツ選手とかで、「自分にはできる!」と自分に思い込ませてプレーされる方がいらっしゃいますよね。あれは、自分の潜在意識にできる自分をイメージさせることで自分のパフォーマンスを上げようとしているんです。

ことあるごとに自信がないとか、できなかったらどうしようと考える人は、その言葉を言った瞬間から体が無意識にできない自分を演出しようと反応を起こすように人間はできてるってことです。

自分の実力だとか能力以前に、そういった意識で結果が左右されるって知ってしまうと、ネガティブに考えるのがバカらしくなりました。

スポンサーリンク

ポジティブシンキングは性格を明るく楽しくしてくれる

ネガティブからポジティブに変えるだけで、周りから見た性格をガラっと変えることができます。

ポジティブシンキングすることで、どこからくるのか分からない不思議な自信が湧いてくるんですよね。

自分が今できないことに対しても、「できないからもうだめだ」と考えるのではなく、「今はできないけど、これからできるようになるんだ」と考えることで、今できない自分に自信を失うこともなくて済みます。

ネガティブな人というのは、過去に何かやってみて、それに躓いてしまって自信を失い、「どうせ自分なんて・・・」と思い詰めてしまうパターンが多いような気がします。

昔の俺もまさにこれで、運動神経が鈍かったり、人間関係のコミュニケーションがうまくとれなくて自信を失い、ネガティブな感情に押し殺されていました。

性格についても、明るく楽しくいたいと思っていたので、少しでも自分を変えたいと思い身近なポジティブシンキングから取り組むことができました。

毎日の発言を少しポジティブに変えただけで、周りからは「すごく変わったね」って言ってもらえることが多くて嬉しかったのを覚えています。

自分だったら、ポジティブな人と一緒にいたい

少し考えてみてください。

あなたの周りに、二人の友人がいました。一人は毎日愚痴ばかりこぼし、「自分なんてどうせダメだ」が口癖で、過去の事ばかりに囚われている。もう一人はいつも前向きで明るく、「俺にはできないこともあるけど、できることもたくさんある」と自信を持って言える人。

あなたなら、どちらの友人と長く、深く付き合っていきたいですか?

もの好きな方は二人一緒に愚痴り続け、共感しあうのが楽しいのかもしれないですが、俺はポジティブに考えれられる人とできれば長い時間を過ごしていたいって思います。

これが何を意味するかというと、ポジティブシンキングをする人は魅力的に写るし、求心力も高くなるってことです。

すごくないですか?

考え方ひとつで人間的魅力が上がって自分の周りに人が集まるようになったらって想像しただけでもワクワクしてきません?

深く考える必要はない、ポジティブに生きよう!

ネガティブがしみ込んでしまっている人は、まずは意識的にポジティブ発言を心がけてみましょう。

禁句ワードとか設定するのもいいかもしれません。

俺は「疲れた」とか「しんどい」「お金ない」などのマイナス用語は極力使わないことを意識してました。

また、周りの友人にポジティブになる!って伝えてしまうのも手です。

無意識にネガティブになったときに、一番に気づいてくれるのは周りの人なので。

周りにポジティブに考えるような集団がいれば、迷わずそこに飛び込んじゃいましょう。

不思議とその人たちに感化されて、自然とポジティブシンキングが身についてますよ。

俺自身は、ネガティブであったことにここまでマイナスポイントがあったとは知らなかったので、この事実を知ってからすぐにネガティブをやめました。

今では自他ともに認めるポジティブ人間です。

人それぞれ変化できるスピードは違うので、まずは自分のできる範囲から変わっていきましょう!