まだ年金をあてにしてるの? ~年金をぶったぎるの巻~

シェアする

みなさんこんばんは、経理ブロガーのyuyaです。

今日は社会人ならだれもが関わっている「年金」についてちょっと語ろうかな、と。

スポンサーリンク

そもそも年金ってなんだ?

簡単に言ってしまえば高齢者の方が定年を迎えたあとでも、不自由なく生きていくために若者が生活を金銭的に支えるシステムです。

サラリーマンや派遣で仕事すると、厚生年金って控除で引かれてる分ありますよね。

あれは、企業とあなたが国に年金を納めるのを折半して、それが今の高齢者の支給に使われているというわけです。

でも、今その年金が危うい!と叫ばれることが多くなってきましたね。

それはなぜなのか?

年金問題が叫ばれるのはなぜ?

これはずばり、「少子高齢化」です。

昔の時代ならば、若者が多く高齢者が少なかったので控除が少なく支給が多かったのですが、
今の時代4人に1人は65歳以上、今後は3人に1人になるといわれています。

今ですら年金支給額は14万だとか。
14万じゃ1人でなんとか生きていけるかどうかのレベルじゃないでしょうか。

このまま少子高齢化が進めば、この額が下がる可能性のほうが高いですよね。

さらに、政府もこのままいくと年金が枯渇するのが見えているので、今定年を引き延ばす政策を進めようとしています。

いったい何歳まで働くと思いますか?

俺が聞いた話だと、なんと75歳まで伸びるといわれています

75歳とか、男性は平均寿命にほとんど近いレベルですよね。

いくら若いころから年金を積み立てても、定年が伸びて受給期間が短くなれば損をする人が大勢出てくるのは間違いないです。

こうした状況から日本の年金問題が叫ばれているわけです。

んじゃどうすりゃいいのか?

年金に頼るな!

これに尽きると思います。

国もバカじゃないんで、これから必ず対策を打ってきます。

でもさっき述べたように、過去と同じように見返りのある年金システムではもう運用できないのが目に見えています。

GPIF、年金積立独立行政法人という年金を運用する機関があるのですが、ここには今135兆の積み立てがあるらしい。

これだけ聞くと、ちょっとは安心するかもですが、なんとこの機関、1年間で5兆の赤字を出したこともあります。

正直言って、俺らの老後に年金がちゃんとあるかどうか、明言はできません。

でも、年金に頼った生活を強いられるのは御免だな、って感じですね。

今のうちに自分の力で収入源を確保しときましょうよ。

それで老後年金が残ってたらラッキーですし、なくなってたらああやっぱりな、ぐらいの感じでいいと思います。

じゃあ年金は払わなくていいのか?

そう思いたくなるところですが、国民が年金を払うのは義務として決まっています。

自分があてにしていない、そしてちゃんと返ってくるかもわからないお金を払うのはバカバカしいのですが、払わないと最悪口座差し押さえなどの強硬手段に出られることもあり得るそうなので、必要経費と割り切って払っておきましょう。

まとめ これからは年金以外に収入源を持つ老後へ

これができると一番安心して定年後を迎えられます。

サラリーマン一本でやってると、定年したけど年金はもらえない、貯蓄も少ない、まだ死にそうにもないってことで鞭打って働き続ける羽目になりますよ。

先を見据えた行動を、今のうちから起こしていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする