新社会人に贈る! 自分の未来は先輩を見るべし。

シェアする

こんにちは、yuyaです。

今日は新社会人として奮闘している皆様にメッセージを送りたいとおもいます。

スポンサーリンク

新社会人だから忙しいのは幻想だよ

入社して3か月。研修もおわり、部署に配属されて頑張っているのでしょうか。

自分の思った通りの新入社員に慣れている人もいれば、逆に描いていたものとのギャップに苦しんでいる人もいるかもしれません。

かくいう俺も社会人一年目は、先輩に同行しながら覚えることがたくさんあり、日々刺激がある仕事にやりがいを感じていました。

同時に、「いつまでこんな大変な状況が続くのか」とも。
というのも、朝は7時過ぎに出社し、夜は終電間際の11時半まで毎日のように仕事に追われていたからです。

当然、覚えることが多い今はそれもしょうがないことだと思っていましたし、いち早く戦力になりたかったので必死に努力しました。

でも、よく考えると毎日残業しているのは僕だけじゃない。
先輩や上司も、みんな俺より遅くまで仕事していたのです。

俺がまだまだ未熟で、処理するのが遅いから残業になるのはいいとして、なんで他の人たちも残業なんだ・・?

社会人で会社に入ったら、時間をコントロールする権利は会社にある

あるとき、先輩に聞いてみました。

俺「今は覚えることがたくさんありますけど、経験積んでいって要領よくなっていけば、慣れてきて仕事コントロールできるようにならないんですかね?」

先輩「俺も最初はそう思ってたよ。でも年数経つと目標は上がるわ後輩が入ってくるわで全く無理だった」

この時点でなんとなくわかりました。

いや、うすうす感じてはいましたが、やっぱりそうなのか・・って。
会社に入った時点で、会社にいる間の時間は全て会社がコントロールしているのだと

社員のためを思うなら、人員を増やして負担を減らせばいいだけの事

結局、その会社は経営が苦しく、人件費を削って多時間労働を強いていくしかなかったのでしよう。
もちろん残業代も正しく支払われていなかったです。

新社会人なら、会社に人生注ぐのはやめよう

最初はなんでも経験だとか、3年はやってみろとか都合のいい言葉がありますが、正直言って、俺はそんな時間をかけて無駄な会社に自分の人生注ぐ必要はないと思います。

一番の判断基準は先輩をみること

これです。その先輩が、自分の理想の生き方、仕事に対してもプライベートに対しても誇りを持っていて、あなたが憧れる人なら、あなたは素晴らしいところで働いているのかもしれません。

でもそうでないなら、自分の一生に一度の人生をその会社に注いでいいのか、真剣に考えたほうがいいです。

そこから他社にいくか、事業を興すかはそれもまた自由。

ただ、会社に自分の人生を搾り取られるような選択だけはしないようにしましょうね。

動くなら今のうちです。40や50になって守る家族ができてからこの選択をするのはかなり厳しいので。

この記事を読んでくれた人が後悔のない選択ができることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする