やらないと大損!? WIMAXを導入し1年6万の節約に成功した方法!

なさんは月々の通信費でいくら払っていますか?

スマホ代で7,000円、家のパソコンの回線代で4,000円とかで1万円以上支払っている人もいるのではないでしょうか?

 

はっきり言いましょう。

お金の無駄遣いです!

 

僕も過去、こんな通信費の支払いをしていたのでわかるのですが、今の時代このやりかたをしていると、通信会社の思うつぼ。

 

僕は二年前まで、通信費を月1万円を払っていたのですが、WiMAXを使うという裏技に気が付いてから、半分以下に抑えられることに気が付きました。

 

パソコンを家で使わない人なんかはLINEモバイルのスマホを使うとかで月々2000円以下の通信費に抑えることが可能。

僕は家でネット触るときはPCが多いので、WiMAXとLINEモバイルを愛用する方で節約してますよ。

 

今日はWiMAXを使って2年経った僕が、そのお得さを存分に語らせてもらいます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WiMAXってそもそもなんだ?

WiMAXとは、インターネットの有線ケーブルがなくてもインターネットにつなぐことができるサービスです。

 

携帯を使っていたら、特に線でつながっていないのにインターネットにつなげることができますよね?

あれは、携帯会社が持つ回線を携帯が受信することでインターネットにつなげてくれるのですが、WiMAXは受信した回線を他の機器に飛ばすことができるというイメージでOKです。

 

携帯とパソコンでそれぞれ回線を契約すれば、当然どちらの会社にも料金を支払う必要が出てきます。

一方でWiMAXを使えば、ルーターの契約分はもちろん支払いますが、ルーターから各機器に回線を飛ばすのは自由(正確には10機器ほどが限界ですが)なので、スマホ、パソコン、ノート、タブレットなど、インターネットにつなげる機器に関してはWiMAX1台で全てまかなうことができるんです

 

僕がオススメするのはBroadWiMAX


Broadwimax
今の時代、WiMAXも色々な会社が事業展開していて、選びきれないほどたくさんの種類や価格設定がされています。

その中でも僕が厳選してオススメできる、今僕自身も利用しているのがBroadwimaxなんです。

BroadWIMAXのメリット①:月々の料金が安い!

なんといっても気になる月々の値段。

最初の二か月は2,726円、そのあと24か月までは3,411円。それ以後は4,011円になってます。

 

これ、業界の相場で見たら相当安いんですよ。

その理由は、他社は月額料金を少し高めに設定し、その見返りとして20,000円ほどのキャッシュバックをつけているから

 

ただし、このキャッシュバックがくせ者で、契約してすぐには返してくれない仕組みになってます。

1年後とか、半年後とかに、自分から申請しないともらえないパターンがほとんど。

正直、申請し損ねるのを狙っているようにしか見えず、個人的に共感できないので僕は使ってません。

 

それなら、月額の利用料金で先に割引してくれる方が、利用者にとってもいいですし、企業としても安い料金で長く使ってもらえてWinWinです。

 

BroadWIMAXのメリット②:速度利用制限実質ナシ!

最近ではスマホのプランでも、通信速度制限が緩和されて普通にSNSで使ったくらいじゃ制限にひっかかることはなくなりましたが、WiMAXでは制限がキツイと話になりません。

 

BroadWiMAXでは、上で紹介したギガ放題プランに入ってたら、3日間10GBの通信量を超えない限りは、下り最大440Mbpsの速度で受信できます。

でも、10GBを超えてしまうと、1Mbpsまで通信速度が下がると書いてある・・

 


(引用:WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について)

 

おいおい、大丈夫なのか!?と言いたくなるのはよくわかります。

ですが、表に書かれている通り、youtubeの動画をみるくらいなら全く支障がないレベル

 

僕は家のPCで野球中継も見ますし、youtubeの動画や、ネトゲしていることもあるのですが、正直制限がかかっていてもいなくても、速度に差を感じたり不満に思うことは一度もありません。

というかどこから制限で、どこまでが制限じゃなかったのか本当に分からないんです。

スマホなどで速度制限にかかると、何も接続できないイライラに襲われることがしばしばありましたが、WIMAXに限って言うと大丈夫ですよ!

BroadWiMAXのデメリット

これだけいいことづくめのBroadWiMAXですが、もちろんデメリットもあります。

BroadWiMAXのデメリット①:窓のない建物・地下では電波が弱くなる

携帯の電波と圧倒的に違ってくるのがココ。

同じ感覚で使えると思うと、慣れるまでは痛い目を見ます。

 

WiMAXは、高周波帯域という電波を使っている性質上、どうしても密室の建物や、地下に行ってしまうと電波が弱くなってしまうんです。

家や主にパソコンを使う場所が窓のない密閉空間や地下だったりコンクリートで囲われたところだったら要注意。

 

BroadWiMAXのデメリット②:エリアによってはWiMAXの電波が届かない場所も

全国実人口カバー1億人と書いてあるので、安心される方もいると思いますが、実際は全国政令指定都市で99%の接続率をマークできたという話なんです。

主要都市に住んでおられるなら大体大丈夫ですが、ちょっと田舎のほうだとカバーされていない場合も考えられるので、一度確かめてから導入を検討したほうがいいと思います。

WiMAXのエリア確認をする

 

BroadWiMAXのデメリット③:オプションに入らないと端末が無料にならない

BroadWIMAXでは通常の端末価格がどの機種でも同じ料金。

しかしその価格が割と高くて、18,000円くらいしてしまうんです。

でも、申し込みの時にオプションに加入することでこの端末代を無料にできるんです!

このオプション、加入時に申し込みをする必要がありますが、WIMAX到着後にオプションを解除しても問題はありません。

ただしこのひと手間がちょっと面倒くさいのでデメリットに。

PC・スマホをよく使う人

一般的なこの場合はWiMAXの契約に加えて、スマホ自体の契約もする必要が出てきます。

しかし、携帯の大手キャリアのドコモやauでは月々の契約料がべらぼうに高かったりしますよね(試算してもらったら月7,000~10,000円くらいしそうです)。

 

それだと、家の固定回線をWiMAXに変更しても大して通信費の節約にならないので、スマホをSIMフリーのLINEモバイルに切り替えることをオススメします。

スマホで動画を見るときなんかはWIMAXを使えば容量をセーブすることもできますね。

 

スマホの通信も、WIMAXを持ち歩いてセーブすれば1Gの容量でも十分事足りるので、月額1,200円という破格の価格で抑えられちゃいます。

 

月々通信費 WiMAX代3,411円+LINEモバイル代1,200円 合計4,500円~

 

スマホしか使わない人は、SIMフリーのLINEモバイルを使うべき

家にPCもないし、タブレットやノートパソコンを触ることもない。

スマホさえ使えれば十分という人なら、LINEモバイルに切り替えするのが一番安く済みます。

 

ただ、スマホだけ使うならその分データ通信量は大きくなるかと思うので、通信料の選択次第で料金が変わってしまう点にはご注意を。使いすぎると通信速度に制限がかかってしまうのも難点です。

それでもキャリアスマホを使うと10,000円くらいするのが、LINEモバイルで10Gプランだと3,000円ちょっとだからかなりの節約になりますよね。

 

月々通信費 LINEモバイル代1,200円~

 

通信費の節約は、情報を選択して動いたもの勝ち。

僕はWiMAXを使い始めてそろそろ2年経ちます。

電波が届かないところでノートパソコンを触れなかったり、バッテリーの維持に苦労するときもありますが、月1万払ってたことを考えると、約半分の通信費の魅力のためなら大した苦労じゃありません。

月々10,000万から5,000円になれば、年間12×5,000円で6万も浮く計算になります。
それだけあったら旅行に行ったり、自分にちょっとしたご褒美で好きなものを買ったり美味しいものを食べたり。

SIMフリーとかWimaxがよく分からないから動けない、って人は本当に損してます。
必要なのはちょっとした勇気と決断。
背中押された気になって、年間6万を手に入れてみませんか?