わかやまゆうやのプロフィールはこちらから

CCNAの難易度や合格率は?CCNPとの違いを徹底比較

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

CCNAの難易度や合格率

どうも、インフラエンジニア5年目のわかやまゆうやです、

未経験からエンジニアを目指すなら、最初に目標としたい資格のひとつ「CCNA」。

この試験を受けるにしても、具体的にどういった資格なのか、どれくらいのレベルが必要なのか、といったことがわからないままではなかなか前に進めませんよね。

 

そこで今回は、

  • CCNAの難易度レベルはどれくらい?合格率ってどうなの?
  • シスコ技術者認定「CCNA」について
  • CCNAとCCNPの違いは?

といった内容を解説していきます。

 

CCNAは世界共通基準でネットワーク技術を証明してくれる資格。合格すればスキルアップにはもちろん、就職や転職でも専門知識を持っているという有利なポイントにもなるのです。

ゆうや
合格すれば役に立ちそうっていうのはわかったけど、CCNAって実際どれくらい難しいのかな。

 

そんな疑問や不安を解決するためにも、早速CCNAの資格についてチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

CCNAの難易度はどれくらい?

CCNAの難易度

CCNAは、未経験者や新人エンジニアが多く挑戦する資格としても知られています。

CCNAの試験は1998年に日本語試験が初めて行われました。開始当初の難易度はそれほど高くなかったようです。

 

ですが、バージョンの改定があるたびに難易度がかなり高くなっています。

公式では合格点など非公開とされていますが、80%以上の正答率が合格ラインと見られ、未経験者や初心者にはなかなかハードルの高い資格となってきているのです。

 

ゆうや
基礎といっても、ちゃんと時間をとってコツコツ勉強しておかないと80%以上正解するのは難しいね。
合わせて読みたい

CCNAの合格率はどれくらい?

CCNAの合格率についても、公式での発表はありません。

1998年からCCNAの日本語試験が始まり、当初は合格率が60%ほどと高めだったようです。ところが、現在では難易度がグンと上がり、30%程度までの低い合格率となっています。

 

そうは言っても、コツコツと丁寧に基本をマスターしていけば合格できない試験ではありません。

勉強時間の目安はレベルや勉強する環境などにもよりますが、独学で3~5ヶ月ほど、時間にして150時間~200時間ほどが目安。

 

未経験者、知識ゼロからのスタートであれば、さらに時間が必要となりますので、試験までの時間を有効に使えるよう、しっかりと計画的に準備することが大事ですね。

 

CCNAについて

CCNAとは

ここで改めてCCNAとはどんな試験なのか、詳しく見ていきましょう。

 

CCNAとは

CCNAというのは、「Cisco Certified Network Associate」の略で、直訳すると「シスコ認定ネットワークアソシエイト」です。公式サイトでは「CCNA 認定の取得は、IT 業界でキャリアを築くための第一歩」と表現されています。

 

CCNAの資格試験に合格しているということは、ネットワーク技術の基礎となる部分を持っている証明となります。試験の難易度も高まっており、取得すれば「コツコツ前向きに努力をした」というアピール材料にもなるでしょう。

 

また、幅広く基礎部分を多角的にカバーした内容で、これらをしっかり学習することで効率よく、バランスよく学ぶことができるという自分自身へのメリットも大きいですね。

 

ネットワークの基礎を独学で学ぶといっても、あまりに範囲が広すぎて効率的に学習するのは非常に難しいもの。CCNAの受験を目指しながら、手際よくスキルを身につけていくのが賢い選択といえるでしょう。

 

CCNAの受験資格

シスコ認定資格のひとつであるCCNAには年齢制限があります。

  • 13歳未満の未成年は親の同意があっても受験不可
  • 13歳から17歳までの未成年は受験可能(保護者または法定後見人の同意が必要)
  • 18歳以上は年齢制限はなし

となっています。

ゆうや
13歳!中学生でも挑戦できる資格なんだね!

 

CCNAの試験範囲

CCNAの試験範囲は、

  • ネットワークの基礎(20%)
  • ネットワークアクセス(20%)
  • IPコネクティビティ(25%)
  • IPサービス(10%)
  • セキュリティの基礎(15%)
  • 自動化とプログラマビリティ(10%)

といった配分で、ネットワークの基礎部分を幅広く網羅した内容となっています。

 

回答の方式としては、

  • 選択式
  • ドラッグ&ドロップ方式
  • キーボードを使用したコマンド入力式

といった方式が採用されており、120分の試験で100問ほど出題されます。

 

これらの試験で80%以上正解するには計画的、かつ効率的に勉強しないと難しいですよね。

合わせて読みたい

 

シスコ技術者認定のレベル

CCNAはシスコ技術者認定のひとつ。こちらでは、シスコ技術者認定のすべての試験レベルも見てみましょう。

レベル認定試験
Entry (エントリー)CCT
Associate (アソシエイト)CCNA
DevNet Associate
CyberOps Associate
Professional (プロフェッショナル)CCNP Enterprise
CCNP Collaboration
CCNP Data Center
CCNP Security
CCNP Service Provider
DevNet Professional
CyberOps Professional
Expert (エキスパート)CCDE
CCIE Enterprise Infrastructure
CCIE Enterprise Wireless
CCIE Collaboration
CCIE Data Center
CCIE Security
CCIE Service Provider
Architect (アーキテクト)CCAr

この一覧は難易度の低いレベルから順に表示してみました。

 

最初の一歩とも言えるエントリーレベルのCCT、その次がアソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、そして最高水準のアーキテクトまでレベルが5段階に分かれています。

ゆうや
CCNAってシスコ技術者認定のいくつかある中の2番目のレベルなんだね!

 

そうです。そして、これらの資格の中でももっともよく知られているのがCCNAなんです。

 

CCNAとCCNPの違いは?

続いて、CCNAと、おなじくシスコ技術者認定のCCNPの違いについて見ていきましょう。CCNPはプロフェッショナルレベルで、CCNAより上位のレベルを目指す内容となっており、当然その価値も異なります。

 

実は、シスコ技術者認定では、2020年2月に認定プログラムの再設計ということで大幅な改定がありました。

その改定以前には、CCNAの資格を持っていることがCCNP受験の前提条件となっていたのですが、改定によりこの条件が撤廃されています。

 

つまり、CCNAに合格していなくても、次レベルのCCNPの試験にチャレンジすることも可能なのです。

そうなるとこのCCNAとCCNPの違いについても気になるところではないでしょうか。

 

  • レベル
  • 将来性
  • 受験費用
  • 試験

といった違いがあるので、それぞれ解説していきます。

 

CCNAとCCNPの違い【レベル】

先に解説しましたとおり、

  • CCNAはアソシエイト
  • CCNPはプロフェッショナル

とレベルが異なります。

 

CCNAはネットワークの基礎部分で未経験者や初心者でもトライしやすい内容であるのに対して、CCNPはより応用の進んだ奥深い知識や実務経験も求められる内容となっています。

 

CCNAとCCNPの違い【将来性】

CCNAとCCNPではレベルが異なり、当然レベルが高ければ高いほど就職や転職などにも有利になります。

 

CCNAも専門知識を持っているというアピールができますが、CCNPはさらなる上位技術者資格として認知されており、ネットワークエンジニア上級者であるという証拠としてより権威性のある資格です。

 

CCNAとCCNPの違い【受験費用】

受験費用は以下の通りです。

認定試験受験料(税込)
CCNA36,960円
CCNP68,970円

 

CCNAとCCNPの違い【試験】

CCNPではCCNAよりその試験科目数も多くなります。

CCNA200-301
CCNPコア試験
選択式のコンセントレーション試験

 

CCNAとCCNP レベルに合わせて明確な目標を設定しましょう!

「CCNA」はネットワークエンジニアの基礎を網羅した未経験者でも挑戦しやすい資格。
CCNAよりレベルが上の「CCNP」はより上級のネットワークエンジニアの知識や経験を問われるプロフェッショナルな資格。

 

CCNAは、改定のたびにより難関な資格となっていること、合格率が低いことなど、で不安もあるかもしれませんが、未経験者でも丁寧にひとつひとつ基本を勉強していけば合格可能です。

 

こうした難易度の高い資格だからこそ、未経験者ながら合格すれば大きなアピールとなるのです。

しっかりと目標を立て、エンジニアへの一歩ずつ前進していきましょう!

合わせて読みたい
未経験からエンジニアになるには派遣が最短距離!

派遣エンジニアってブラックなんじゃ・・
そう考える人も多いと思いますが、現状派遣はかなりクリーンな環境です。未経験からの挑戦も全然可能だし、正社員に比べスキルアップに専念できます。

ここでは僕が実際に利用した派遣エージェントを中心に厳選して紹介しています。
さくっと登録して、コスパ良くエンジニアになりましょう!

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフパーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)
オススメポイント
  • 未経験でも高単価案件が見つかる!
  • 手軽に派遣登録できる!
  • 案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
ITエンジニア エンジニア資格
スポンサーリンク
わかやまゆうやをフォローする
わかやまゆうやの勝算
ブログ・動画編集で月1万円稼ぎたい人を徹底サポート!
「ここから稼ぐサロン」の詳細はこちら
ブログ・動画編集で月1万円稼ぎたい人を徹底サポート!
「ここから稼ぐサロン」の詳細はこちら