わかやまゆうやのプロフィールはこちらから

現役エンジニアが語る、未経験からSESで挑戦するという道

スポンサーリンク

どうも、未経験からエンジニアに転職したわかやまゆうやです。

 

これからエンジニアになりたい!と思っている人にとって、どんな手段を使ってキャリアプランを描いていくかはとても重要です。

同じ「エンジニアとしてスキルアップ」という思いを持っていても、選択した道でそのスピードや難易度が大きく変わってくるのだから。

 

とはいっても未経験からエンジニアになるためには様々な手段があります。

そこで、今日はそんな中でも「SESでエンジニアに挑戦する」ということにフォーカスを当てて解説していきたいなぁと。

  • SESってなに?どんな働き方?
  • どんな感じでステップアップできるの?
  • 未経験からSESにいってエンジニアを目指すってどうなの?

という感じで、未経験から挑戦したい!という方が納得できる選択をできる一助になればいいなと思ってます!

 

スポンサーリンク

SESと派遣エンジニアはどう違うの?

まずは働き方としてややこしく、混同されやすい「SES」と「派遣エンジニア」の違いについて。

SESとは、System Enjinnering Serviceの頭文字を取った略語です。

ITエンジニアの技術力をサービスとして提供しているわけですね。

ゆうや
あれ、それだけだとSESも派遣エンジニアも同じじゃないの?

その通り。

ややこしいのですが、派遣には2種類の種類があります。

 

  • 常用型派遣(SES)
  • 登録型派遣(派遣エンジニア)

 

種類雇用形態指揮命令者
常用型派遣(SES)SES会社の正社員として派遣されるSES会社
登録型派遣(派遣エンジニア)派遣会社と派遣契約を結び派遣される派遣先の企業

常用型派遣はいわゆるSESと呼ばれる働き方

エンジニアはSES会社と主に正社員契約を結び、派遣先企業からの依頼があったら作業支援という形で派遣されて業務を行います。

その案件での契約が終わって別の案件が決まらなくても、契約は打ち切りとはなりません。

 

登録型派遣は派遣エンジニアの働き方

エンジニアは派遣先企業からの案件があれば、派遣会社と派遣契約を結び、作業支援という形で派遣されて業務を行います。

その案件での契約が終わったら、別の案件が決まらない限りは契約も打ち切りとなりますね。

 

SESと派遣エンジニア、どちらのほうが未経験にはいいの?

ゆうや
なんとなく違いは分かったけど、じゃあどちらのほうが未経験にはおすすめなんだ・・?

先に結論から言ってしまうと、スキルアップを考えるなら派遣エンジニアだと思います。

ただ、仕事の安定や入りやすさについてはSESに分があるでしょう。

 

SESと派遣エンジニアの大きな違いは雇用形態と指揮命令者ですが、影響が大きく出てくるのは雇用形態。

SESは正社員になので、たとえ自分に相応しい案件がタイミング悪く見つからない時でも、自社内で研修や自習でスキルアップしながら毎月安定して給料をもらうことができます

そして自分に合う案件があれば常駐して実務経験を積むことが可能!

 

ゆうや
SESは未経験からのスキルアップに最適じゃん!

これだけ聞くと、SESがめちゃくちゃいいシステムのように思えますよね。

ですが、やはりデメリットも存在します。

 

まずSESの案件選びですが、自分にとっていい案件が回ってくることがあまりないと言われています。

通称、案件ガチャというやつ。

入ってみたら事務作業やエクセルの貼り付け作業だったなど、僕も人づてに聞いたことがありますね・・笑

あとはSESならではですが、帰社日というものが存在するのでその日は現場を抜けて帰って報告などが必要な場合もあります。

 

その点派遣エンジニアは、複数エージェントを通して案件を選ぶことで比較して決めることができたり、常に案件先の仕事に携わっていられるので実務経験が積みやすいメリットがありますね。

案件先との契約期間が終わって次の契約が見つからないと仕事がなくなるという恐怖もあるにはありますが、現在の人材不足な状況ならスキルを積んでいればかなり簡単に案件は見つかるでしょう。

 

未経験でSESをチョイスしてエンジニアとしてスキルアップするのはありか?

 

ゆうや
それなら、SESより派遣エンジニアを選んだほうがいいじゃん!

って誰もが思いますよね。

確かに派遣エンジニアはスキルアップに最適。

ただし、未経験の状態で案件が見つかるのかどうかは正直言って運次第なところがあるんです。

タイミングや地域、企業の募集人員など、そういった外的要因によって案件数は結構異なってきます。

 

ゆうや
そりゃ未経験だし、教育から必要になってくるから仕方ないのか。。

もちろん派遣エンジニア案件が見つからないことはないです。

実際僕も完全未経験でパーソルテクノロジースタッフに案件を見つけてもらえましたし。

合わせて読みたい

 

ただ、派遣エンジニアで案件が見つからないタイミングであるなら、SESをうまく利用してさっさとスキルアップしちゃえばいいと思うんですよね。

 

完全未経験でSESを利用してエンジニアになるメリット

未経験からSESでエンジニアになるというのは、次のようなメリットがあります。

    • 〇未経験から挑戦しているエンジニアが多くいるので、刺激がもらえる
      〇案件に参画できない時でも収入が確保しつつ研修などでスキルアップできる
      〇自社開発や派遣エンジニアよりは、未経験でのハードルが低い
      〇正社員であるが、色々な案件に参画できて経験を積める
      〇正社員ならではの安定した給与形態

やはりハードルの低さが魅力的ですね。

数多くの未経験からのエンジニアを教育していることもあり、研修などの制度がしっかりしていることも強みでしょう。

 

完全未経験でSESを利用してエンジニアになるデメリット

続いてはデメリットのほうを説明します。

    • 〇安定しているが、派遣エンジニアより給与は低くなりやすい
      〇スキルアップに直接つながる仕事を任せてもらえるか分からない
      〇案件在駐のため、人目を気にして作業する必要あり
      〇案件ガチャ、いい案件に当たる確率が低い

僕も友人にSESでエンジニアをやっている方が何人かいるのですが、彼らが言うことが一番多いのが

「SESは案件ガチャだ」ということです。

案件によってはスキルアップにつながらないような作業をやらされたり、ひどく職場環境が悪かったり、やたらと残業が多い炎上案件だったり。

本当に、入る案件次第で全てが決まる印象。

 

デメリットを受け入れたうえで、SESでスキルアップをするべし

僕自身は派遣エンジニアという道でフリーランスという立ち位置まで来れました。

もちろんなれるなら派遣のほうがいい。

ですが、無理なら無理で、SESからスキルアップを図っていくのは全然ありだと思うんです。

 

確かに上で説明したようなデメリットがあるのは事実。

でもそれって、結局案件をどう活かすか次第じゃないですか?

そもそもスキルアップできないような案件なら参画しなけりゃいいし、もし現場に入ってからそれが分かったなら辞めたら済む話ですよね。

全部が全部、スキルアップできないようなクソ案件なんてことはないですし。

 

未経験からエンジニアになるのに一番必要なのは「現場経験を積むこと」なんです。

派遣エンジニアで案件がなく、自社開発には行けないからと言って自宅にいたり他の仕事をしていても、何の足しにもなりません。

それなら、単価は少し安いかもしれないけど研修がしっかりしているSESで経験を積んで、そこから好きな案件に行ったらいいじゃないですか。

スキルが身についてからでも、わがままを言うのは遅くないはずです。

スポンサーリンク

 

エンジニア未経験の場合、SESの選び方はどうする?

ということで、未経験からエンジニアになるならSESという選択肢も断然ありだと僕は思います。

ゆうや
その場合におすすめのSESってどういうところになるの?

先に結論から言うと、おすすめなのはスタッフサービスエンジニアリングというSES。

スタッフサービスエンジニアリングは、登録エンジニア1万人、取引企業7500社を超える業界最大手のSES企業です。

 

☟今すぐ登録したい人はこちら

僕がスタッフサービスエンジニアリングをおすすめするのは、SESを選ぶときの大事なポイントをここが満たしているから

以下が未経験からエンジニアになるときのSESの選び方のポイントです!

      • 〇案件を選ぶうえでエンジニアの意見を取り入れてくれること
        〇教育制度がしっかりしていること
        〇クリーンな労働環境であること

この条件を満たしていたら、SESでも問題なく未経験からのスキルアップを目指していけるでしょう。

一つ一つ解説していきますね!

 

SES選びのポイント① 案件選びでエンジニアの要望を取り入れてくれる

SESの難点の一つ、案件ガチャ。

劣悪な案件が多いことから付いた名前ですが、その大抵はSESの営業が派遣先になんとかして人員を配置したいという心理状態から生まれています。

 

要は、営業社員にはノルマが課せられているんです

エンジニアが案件に入ってくれたら、それだけ企業の収入が増えるわけですから。

そこでノルマばかり優先されると、全然希望していないような案件に入ることになったりして、

ゆうや
なんやこれ!スキルアップにならない・・!

ということになってしまう。

 

最悪すぐに案件を辞めたらいいんですけど、時間の無駄になるので出来たらマッチングはしっかりしたいところですよね。

スタッフサービスエンジニアリングなら、専門のキャリアコーディネーターやカウンセラーとしっかり面談したうえで希望の案件を伝えられます。

エンジニアのことを一番に考えて案件も提案してくれるので、スキルアップできないようなものが選ばれることもないでしょう。

また、実際に職場見学に行って状況を確認することもできるため、そこで違うな?と感じたら断ることもできますよ!

 

SES選びのポイント② 教育制度がしっかりしている

SESにいる最大のメリットは、教育や研修がしっかりしていることです

派遣エンジニアだと、研修のあるなしは案件先によって決まってきますからね。

SESだと、案件に行っていないときには自社で研修、案件に参画しているときは現場でスキルアップとうまく使い分けができます。

 

スタッフサービスエンジニアリングでは入社後の基礎研修をはじめとした500以上の教育プログラムだけでなく、多面的なフィードバックや交流会など、サポート体制が万全に整っていますよ!

SES選びのポイント③ エンジニアにとってクリーンな労働環境である

よくある劣悪なSES企業の典型例として、薄給・残業過多・休日少ないというものがあります。

未経験からの採用であることをいいことに、ひどい条件で雇用して案件に入れてしまうというもの。

 

スタッフサービスエンジニアリングはSESの中でもかなりクリーンな労働条件がそろっています!

年間休日125日、有給付与、産休や育休もあります。

残業は案件によってあるにはありますが、平均16時間だから1日1時間あるかないか。

かなり恵まれてる環境ですよね。

ゆうや
でも、未経験からの挑戦だったら待遇が良くないんじゃないの?

もちろん経験がないので、高給取りとはいかないですが、未経験だと月給21.5万~での採用となります!

これ、派遣エンジニアの時給1400円相当ですからね。

未経験での待遇としてはなかなかだと思います!

 

役職手当や住宅手当、継続稼働手当なども支給されるとのこと。

日中はしっかり労働して、アフターファイブで独学なり自分の時間が取れたりできるのは非常にありがたいですね!

 

エンジニアとしてスキルアップできる最短距離を進もう!

SESはたしかにあまりいい評判がありません。

希望の案件に入れないとか、スキルアップにつながらないとか、給与が安いとか。

 

SESの中にはそういった企業があるのも事実でしょう。

未経験から挑戦しようとしているエンジニアをから搾取してやろうと考える悪質なSESです。

そういうSESに入ってしまうとスキルアップどころじゃなくなりますが、スタッフサービスエンジニアリングのようなところなら大丈夫。

 

案件が見つかるなら、派遣エンジニアの道を行くほうがより近道だと僕は思っていますが、SESでスキルアップを図る道も普通にコスパいいと思うんですよね。

普通に現場に入ってスキルを積むことができれば、そこから派遣エンジニアや自社開発の企業に転職したり、フリーランスを狙うことも可能でしょう。

 

それに案件が見つからないときにでも、お金が入ってくるのはやっぱり大きい。

精神的な安定度合いが全然違います。

なにより、未経験からエンジニアになるという時の間口を広げてくれるのは非常にありがたいですね。

 

☟今すぐ登録したい人はこちら

ぜひ、派遣エンジニアでから挑戦したいと思っている方は、他の派遣エージェントと一緒に登録して、その中から自分に合った環境を見つけてくださいね!

合わせて読みたい
未経験からエンジニアになるには派遣が最短距離!

派遣エンジニアってブラックなんじゃ・・
そう考える人も多いと思いますが、現状派遣はかなりクリーンな環境です。未経験からの挑戦も全然可能だし、正社員に比べスキルアップに専念できます。

ここでは僕が実際に利用した派遣エージェントを中心に厳選して紹介しています。
さくっと登録して、コスパ良くエンジニアになりましょう!

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフ
オススメポイント

✅未経験でも高単価案件が見つかる!
✅手軽に派遣登録できる!
✅案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
ITエンジニア
スポンサーリンク
わかやまゆうやをフォローする
ワカヤマだいありぃ