占いを聞こうともしなかった俺が信じてみようと思った理由

シェアする

どうも、ゆうやです。

みなさんは占いって信じますか?

俺は幽霊や宇宙人レベルに信じていないんですが、今回とあるきっかけで占いを受けることになって、「これは信じてもいいかな」と思える占いと出会えたんです。

今日は占いに対してそう思えた理由と、どんな占いだったかを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

占いに対して、受けようとも思えなかった理由

まず、日常生活の中に溢れてる占いって、当てはまる人が多すぎるんですよね。

おひつじ座の人!とか、A型の人!とか。

世の中に何百万人いるねん!っていうような範囲で占いが出てくるから、その中の傾向がこうだ!って言われても全然しっくりこないんですよ。

おみくじだってそう。

初詣で棒を引き抜いて、出てきた番号の紙をもらうわけですが、あんなの何十通りしか存在しないわけで。

しまいには何回もいいおみくじが出るまで引き続ける人もいますよね。

縁起を担いで、ということは分かるんですが、到底あれを信じろって言われても俺には無理。

せいぜい娯楽の一環、友人との話のネタになるかなーって程度です。

宮田シロクさんの占いを受けてみた

そんな占いに対して不信感しかないような俺でしたが、今回たまたまのご縁で宮田シロクさんの占いを受けることに。

占い師宮田シロクさんについて

ちょっと妖艶な雰囲気漂う美しい方ですね。

実際にお会いしたことはないのですが、「占い界の檀れい」と呼ばれているとかなんとか。
(強調しといて!って言われたので存分に笑)

経歴を見てみると、これまで色々な経験を積んでこられた中で占いと出会い、今は家族と幸せに暮らしているとのこと。

詳しいプロフィールはこちらから。

個人的にすごく惹かれたのが、プロフィールの中にあるこの文章。

星占いの世界ではホロスコープに示されていないことは人生には起こり得ないと言われています。

どこの誰の言葉かわからないけど、ずいぶんと自信たっぷりだな〜とか思っていました。

でも今ならわかります。無理して自分のホロスコープにそぐわない人生を送っていると、どこかで必ず星が教えてくれるのです。

それはあなたの人生ではない、あなたはもっと幸せになるべきだ、と

占いなんて全然信じない俺だけど、ひょっとしたらホロスコープというものに反した生き方をこれまでしてたのかもしれない。

だけど、それは占いを受けてみないと分からないし、受けた人だけが知り得る情報ですよね。

人生の足しになるのなら受けるのもアリかなーと思えました。

スポンサーリンク

ホロスコープを使って占いは受けます!

ここからは俺が実際に受けた占いについて。

結果も合わせて書いていきますよ~。

まず、先ほど少し話題に上がった「ホロスコープ」というものをメインで使うようです。

それがコチラ。

これ、生まれた年月日はもちろん、時間や場所でも人によって全然違う星が出るそう

俺が占いに信憑性があると直感で思ったのはこの部分。

自分一人しかないホロスコープを見て判断してもらえるなら、さすがに信じるしかなさそうやん。

ところがこのホロスコープを見た宮田シロクさんから前日言われた言葉がこれ。

占い師に絶句されるホロスコープってなんだよ・・

恐怖でしかない。

何言われるんだろう・・

ビクビクしながら生きた心地せず、当日を迎えました。

占い結果は・・?

まず、ホロスコープの左側にたくさん星が固まっていますよね?

これは、運の動きが激しいことにつながるみたい。

つまり、運がいい時と悪い時の差がめちゃめちゃ激しい人生になるとか。

宮田シロクさん曰く、ここまで偏りが激しいのはなかなかいないんだって。

それが先日の絶句の理由らしかった。笑

ええやん!波乱万丈の人生ばっちこいや!

俺は2/24生まれでうお座で、もちろんうお座の属性が色濃く出るのは当然なのですが、うお座のところよりやぎ座を示すところにたくさん星が固まっているみたい。

ゆうや
やぎ座が示す属性ってなんなんですか・・・?

って恐る恐る聞いたところ、

・合理主義
・無駄なことが嫌い
・白黒ハッキリさせたい
・全てを知った気になっている

とまぁ、キツいことばっかり出てくる笑(やぎ座の人、ごめんなさい。でも事実なので!)

そして、この姿は完全に俺の学生時代の姿まんまな気がしてます・・

今はそうじゃないと思いたいけど!

でも、このブログのテーマ「コスパの良い人生をあなたに」って、もろ無駄なこと排除してるよね・・

やっぱり当たってる気がする。

そしてうお座の属性。

・奉仕活動、自己犠牲
・キリスト教
・相手が嫌がることは、自分がやるという精神

まさに経理で求められてた姿勢。

これも間違ってない点だなぁと実感。

大事なのは占い結果をどう人生に活かすか

結果については山ほど教えてもらったので、もっと書きたいことはあるけど、それじゃいくら文字数あっても足りないので割愛させてください。笑

宮田シロクさんも言っておられたけど、大事なのはこの結果をどう人生に活かしていくか、なんですよ。

例えば、俺の仕事運は来年の6月~12月に自分の能力を活かせる波がやってくるらしいんです。

そのほかにも2025年10月や、2029年の年末にもすごい稼げる波があるんだって。

この波は、何もしなくてもそれだけでも効果があるみたいなんですが、そうじゃなくてその波に合わせてビジネス展開を考えたら、すごい相乗効果が生まれるかも。

さっきのやぎ座の話も、やぎ座の自分中心の属性の真逆にあるのが相手中心の属性なんです。

ここを意識して、相手のために尽くしたり相手のことを考えて行動すれば、星のバランスが取れて素敵な人生になる。

そんな風に考えらえたら、占いって自分の人生の補足をしてくれるツールなんだなぁって思えました。

占いに興味が出たらぜひ一度受けてみるべし

本当に生まれて初めてまともな占いを受けたんですが、占ってもらえてよかったなぁって。

自分の知らなかった自分の一面や、星の上ではどういった運命にあるのかを知ることができて、人生の方向性を確認することができました。

今の俺は人のために頑張ることが好きだけど、その考えは自分の幸せのために間違っていなかったんだなぁということが分かっただけでもよかったです。

宮田シロクさんの占いに興味が出た方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする