誰でもできる!ワードプレス(WordPress)でブログを作成する方法を徹底解説!

シェアする

どうも、ブログを始めて1年が経ったゆうやです。

「ここ最近、発信力が大事だって言われているし、副業として稼げるチャンスもあるならブログ始めてみようかな・・」

こんな風に考えている人って多いと思うんです。

でも実際にブログを立ち上げて行動に移す人って本当にわずか。

それには様々な理由があると思うんですが、大きな理由の一つが「ブログの始め方がよく分からないから」ではないでしょうか。

僕自身も2016年の7月ごろからワードプレスでブログを始めたのですが、何せどこから手を付けたらいいのか分からないし、ひたすら情報収集から始めていました。

そこで、今日はちょっと難しいと言われるワードプレスでも、この手順に沿って操作すれば簡単にブログが立ちあげられるよう、分かりやすく解説しながらブログの作成方法について説明していきます。

これからブログを始めようとおもっている人、必見ですよー!

スポンサーリンク

 そもそもワードプレスってなんだろう?

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。

Wikipediaより引用

Wikipediaにはこんな堅苦しい説明が載っていますが、要するにブログを投稿するときに必要となるプラットフォームの一つみたいなものです

本を書くときも、文章をただ話すだけでは本にはならないですよね。

「原稿」というプラットフォームに文章を載せて、そこから本へと変わっていくんです。

その原稿と同じ役割を果たしているのがワードプレスだと思ってもらえたら。

ワードプレスを始めるために必要なもの

ではワードプレスでブログをはじめよう!と意気揚々に思ったあなた。

その前に、ワードプレスでブログを開設するにあたって必要になるものがあるんです。

・独自ドメイン
・レンタルサーバー

この二つです。

これから独自ドメインとレンタルサーバーの説明をしていきますよー!

独自ドメインの説明と導入方法

独自ドメインの説明をする前に、まずはドメインとはなんぞや?というところから。

ドメインとは、インターネットにおける住所みたいなものです。

そのウェブページがどこに存在するかを表す、URLの一部を構成するもの。

例えば僕の「ワカヤマだいありぃ」では、(https://wakayamayuya.com/)というURLですが、ここの「wakayamayuya」という部分がドメインにあたる部分。

ワードプレスでブログを作る場合、このドメインを自分で用意する必要があります。

しかし自分で1から作るというのではなく、会社が作ってくれるドメインをレンタルして、それに自分オリジナルの名前をつけてあげるのでOK。

だから独自ドメインって呼ばれるんですね。

独自ドメインの導入ですが、僕のオススメはお名前.comです。

理由は初期投資の金額が破格の安さで済むから

こちらのサイトで、今回は試しに「wakayamadiary」という独自ドメインを取るという例でやってみましょう。

(※導入のやりかたは説明しますが、登録するのはこの記事を最後まで読み終わってからにしてください。理由は最後まで読むと分かるかと思います。)

まず、青の〇で囲った部分に「wakayamadiary」と入力して、右の検索の緑のボタンを押します。

次にドメインのあとの「.com」の部分をどんな文字列にするかを決めます。

様々な種類があり、値段もピンキリですがオススメは青で囲った「.com」ですね。

ある程度メジャーなものでないとURLを見た人が不審に思ってしまうし、国のサイトでもないんだから「.jp」などはやりすぎ感があるので。

選択したら右の料金確認へ進むの緑のボタンを押します。

登録年数を決めるのですが、ここは年数を増やすとその分一年あたりのお値段が安くなるシステムになっています。

1年だと1,040円ですが、2年だと1,890円というように。

同じURLをずっと使っていくかどうかは正直この時点では分からないと思うので、自信がない人は年数を短めにした方がいいです。

長年使っていく自信があるなら長期契約にしてもいいですが、次回の更新のタイミングで年数を変えることができるので、最初は短めの年数をオススメします。

その下の「Who is 情報公開代行」は、あなたの個人情報を守るために必須なので、必ずチェック入れておきましょう。

その下にサーバー選択というものがあって、レンタルサーバーの欄になんだか魅力的な文章が見えますが、ここは完全無視で「利用しない」をデフォルトのまま選択しておきます。

理由はここ以上にオススメのサーバーが他にあるため。

ここまできたら、右側のメールアドレスとパスワードを入力し、次へを押します。

この後は個人情報やウレジットカードの登録画面に移ります。

登録が完了したら、無事独自ドメインは契約期間あなたのものになりました!

値段はキャンペーンや契約期間によって変わりますが、運がいいと1,000円以下の格安料金で収まることもありますよ。

これでドメインの導入は完了です。

レンタルサーバーの説明と導入方法

独自ドメインが登録できたら、次はレンタルサーバーです。

ドメインがインターネットの住所なら、レンタルサーバーは土地のようなものですね。

こちらもオススメのエックスサーバーがあるので、その導入方法を紹介します。

エックスサーバーがオススメなのは、機能の総合力から。

後々必要になってくるサイトのSSL化が無料でできたり、サイトの安定性を考えるとエックスサーバーがおすすめです。

右下の「お申し込みはこちら」から登録を進めていくのですが、注目してほしいのが右側にある「ドメインが無料」のバナー。

これは期間限定のキャンペーンで、タイミングよく運がいいとこんなキャンペーンをやっていることがあります。

つまり先ほど説明した独自ドメインがタダでもらえちゃうということなんです。

なので、独自ドメインを登録する前に、先にエックスサーバーでキャンペーンがやっていないかどうか確認するのが賢いやり方ですね。

申し込みの画面に進んだら、「サーバー新規お申込み」をクリックします。

契約内容を入力する画面に移ります。

サーバーIDは、ログインの時に利用することがあるくらいで特に使うことがないので、自分の好きな文字列でOKです。

プランですが、エックスサーバーの場合一番安いX10スタンダードプランで個人ブログは十分すぎるくらいのスペックなので、こちらを選択しておきましょう。

その他個人情報も入力して、利用規約の同意を入れて先に進めば登録は完了です。

ちなみに最初の10日が過ぎると、このまま継続して有料契約にするかどうかの確認が来ると思います。

値段は契約年数にもよりますが、月1000円程度。

独自ドメイン同様、最初は契約年数短めがいいかと。

独自ドメインとレンタルサーバーのひもづけ

サーバーの準備も終われば、あとは独自ドメインとサーバーを連携させる手順に進みます。

(※この連携の作業ですが、作業してから24~72時間の間設定反映に時間がかかる場合があるようです。設定が終わってすぐに反映されない場合も、少し様子見をしてから問い合わせなどしてみましょう。)

エックスサーバーの登録が完了すると、登録したメールアドレスにこんなメールが届くはずです。

個人情報のあるところぼやかしていますが、青で囲ったところに「インフォパネル」「サーバーパネル」へのリンクが貼られていると思います。

このメールは今後、ログイン画面でログインするときによく使うので、保護かけて大切に保管しておいてください。

エックスサーバーのキャンペーンで独自ドメインを取得する場合

独自ドメインをお名前.comで取得せず、エックスサーバーのキャンペーンから取得する場合は、このメールにあるインフォパネルのリンクからログインしたあと、「キャンペーンドメインの取得」を選択します。

あとは例にならってドメインを取得しましょう。

キャンペーンの場合はこれで完了。

お名前.comで独自ドメインを取得した場合

お名前.comで独自ドメインを取得した場合は、まずそのドメインをエックスサーバーで使用できるよう設定を変える必要があります。

お名前.comのトップページより、右上の「ドメインNaviログイン」ボタンよりログインします。

続いて上のタブで「ドメイン設定」を選択後、「ネームサーバーの変更」をクリックします。

お名前.comで取得したドメインにチェックを入れ、「他のネームサーバーを利用」を押します。

ネームサーバー情報を入力しますが、上から順に次のように入力してください。

入力が完了したら「確認画面へ進む」をクリックして、設定を完了させましょう。

お名前.comの場合もこれで設定終了です。

ドメインとサーバーのひもづけ

エックスサーバーからのメールにあった「サーバーパネル」のリンクよりログインして、「ドメイン設定」をクリック。

先ほど取得できたドメインをここで入力し、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

これでドメインとサーバーが連携することができました!

ワードプレスを起動しよう!

ここまできたら、ワードプレスでブログが作れるまであともう少しです。

頑張りましょう!

再びエックスサーバーの「サーバーパネル」より操作を行います。

下の方にある「自動インストール」をクリック。

おそらく二つほどドメインが出てきますが、独自ドメインを取得したほうを選択しましょう。

「プログラムのインストール」のタブをクリックし、「インストール設定」のボタンを押してワードプレスのインストールへ進みます。

全ての項目を入力しますが、分かりづらいところだけ解説します。

「インストールURL」は、ワードプレスのログイン画面のURLの設定。

こだわりがなければ「/」の後ろに「wp」とでも入れておけばOKです。

「ブログ名」は後でも変更できるので、今の時点は適当でも大丈夫。

「ユーザー名・パスワード」はワードプレスにログインするときに使うものです。

「データベース」はそのまま「自動でデータベースを生成する」にしておきましょう。

入力が終わったら「インストール(確認)」へ。

こんな画面が出てきたら成功です。

表示されているURLはコピーして、ブックマークでもしておくといいですね。

今後のワードプレスで編集してブログを書くときは全てこのURLから進めていくので。

リンクをクリックして、ユーザー名とパスワードを入力しログインできたら晴れてワードプレス開設成功です!

おつかれさまでした。

独自ドメインとレンラルサーバーの申し込みはコチラから!

お名前.com

エックスサーバー

スポンサーリンク

シェアする