わかやまゆうやのプロフィールはこちらから

30代未経験からエンジニアを目指す場合の注意点と戦略をお伝えするよ

スポンサーリンク
この記事は約17分で読めます。

どうも、未経験からフリーランスエンジニアになったわかやまゆうやです。

 

近年のIT業界の盛り上がりに合わせて希望者が増えているエンジニアという職業。

20代の若手のなり手は増えてきていますが、30代である程度キャリアを積んできた人でもなり手が増えてきているみたいです。

 

ゆうや
30代でも未経験からエンジニアへ。

なんていうのはプログラミングスクールのアピールポイントとしてもよく聞く言葉。

 

だから

ゆうや
30代からでも未経験からエンジニアになりたい!

という人は増えているのでしょう。

 

でも現実として、30代の未経験がエンジニアになるのはどうなのでしょうか?

・30代の未経験がエンジニアになれるの?
・30代の未経験がエンジニアになって求められる事は何なの?
・30代の未経験がエンジニアになっても通用するの?

といろいろ不安になりますよね。

 

今回は30代の未経験がエンジニアを目指すに当たって注意する点やより効率的に稼ぐための戦略なんかについて解説していきますよ!

30代の未経験がエンジニアを目指す上での理想と現実のギャップを比較しながらも、再現度の高い方法を教えていきます。

 

  1. 【結論】30代の未経験からエンジニアになるのは不可能じゃないけど簡単でもない。
    1. 30代の未経験からエンジニアになるのが難しい理由①:現場のリーダーが年下。
    2. 30代の未経験からエンジニアになるのが難しい理由②:若い人の方が安く雇えて成長も早い。
    3. 30代の未経験からエンジニアになるのが難しい理由③:30代以降は求められることが多い。
  2. それでも30代未経験からエンジニアになるメリットは何なの?
    1. 30代未経験からエンジニアになるメリット①:エンジニアは収入が高くなりやすい。
    2. 30代未経験からエンジニアになるメリット②:人手不足なので30代でも仕事はみつけやすい。
    3. 30代未経験からエンジニアになるメリット③:IT業界の市場はこれからも伸び続ける。
    4. 30代未経験からエンジニアになるメリット④:コストパフォーマンスが良い。
      1. 医者や弁護士のように、なるために膨大な時間も費用も手間も掛からない。
      2. スキルが低くても、まあまあ稼げる。
      3. 仕事がたくさんあるから、職場を選ぶことができる。
    5. 30代未経験からエンジニアになるメリット⑤:自由な働き方ができる。
  3. 30代未経験からエンジニアになる効率的な戦略とは?
    1. 30代未経験からエンジニアになるにはインフラエンジニアがオススメ!
      1. 30代未経験にインフラエンジニアをおすすめする理由①:なり手が少ないため高給になりやすい。
      2. 30代未経験にインフラエンジニアをおすすめする理由②:需要が安定している。
      3. 30代未経験にインフラエンジニアをおすすめする理由③:競合相手が少ない。
    2. 30代未経験が副業から始めるならWordPress案件がオススメ!
      1. 30代未経験に副業でWordPressをおすすめする理由①:案件の数が多い。
      2. 30代未経験に副業でWordPressをおすすめする理由②:案件のバリエーションが豊富
      3. 30代未経験に副業でWordPressをおすすめする理由③:リモートワークでの仕事が可能。
  4. まとめ:行動しないと始まらないので、すぐに行動しよう!
スポンサーリンク

【結論】30代の未経験からエンジニアになるのは不可能じゃないけど簡単でもない。

結論から言いますと、30代の未経験からエンジニアになるのは不可能では無いですがかなり難しいですし、求められるものも多いです。特に人柄。

 

理由は以下の通り。

・現場のリーダーが年下。
・若い人の方が安く雇えて成長も早い。
・30代以降は求められることが多い。

 

30代の未経験からエンジニアになるのが難しい理由①:現場のリーダーが年下。

まず、30代未経験から正社員エンジニアになると、現場で働く時のリーダーが年下と言うことが多くなります。

 

IT業界は業界自体も若く、働く年齢層も若いですからね。

社長が年下、と言うこともザラ。

 

なので20代後半や30代前半で現場のリーダーを任される人も多いんですよね。

そして若い現場のリーダーからすると、年上の部下は扱いにくい存在なのです。

 

開発の現場で綿密にコミュニケーションを取らなければいけないのに

ゆうや
こう言う言い方すると、気を悪くしちゃうかな…。

とかいちいち考えることになるのでめちゃくちゃメンドくさい!

 

要するに、年上の部下はコミュニケーションコストが高くなるんです。

 

年齢的に若い人の方が指示しやすいですし、若い人の方が素直に従ってくれるんで会社としては当然若い人を採用したがります。

30代未経験からエンジニアになるのならば、現場でコミュニケーションコストを上げない様に率先して気を使うのは必要かと。

 

プライドだけ高くて年下とは言え上司の指示を素直に聞けない年上の部下は、めっちゃ嫌われます!気をつけましょう。

 

30代の未経験からエンジニアになるのが難しい理由②:若い人の方が安く雇えて成長も早い。

若い人の方が安く雇えて成長も早いですね。

 

新卒で月収30万なら割といい給料じゃないですか。

でもある程度社会経験積んだ30代で月収30万円なら、もしかすると不満が出るかもしれないですよね…。

30代ともなるとコミュニケーションコストだけでなく、シンプルにコストも掛かるのです。

 

そして若い人の方が素直で吸収する能力も高いので、スキルも高くなりやすいので、企業としては当然若い人の方を採用したがります。

自分の会社の都合に合った人材に育てやすいし。

 

30代だと能力を吸収するポテンシャルに関しては若い人と比べて劣るので、周りの評価をもらうなら若い人以上の努力や行動力は必要になってきますね。

 

30代の未経験からエンジニアになるのが難しい理由③:30代以降は求められることが多い。

30代以降は求められることが多くなります。

ある程度社会経験を積んでいるはずなので、当然と言えば当然のこと。

 

・即戦力となって当たり前
・人柄が優れていて当たり前
・周囲とのコミュニケーションが円滑に取れて当たり前

これ、30代以降で転職するともれなくこう言うことが当たり前のように求められます。

 

新卒ならある程度やらかしても

ゆうや
まあ若いし仕方ないよね。

と思われる様なミスであっても、30代ではそうはいかないですよね。

 

場合によっては

ゆうや
あいつはいままでどうやって生きてきたのか…。

と思われるかもしれない…。

 

社会人を経験している以上、周りから見られる目も厳しくなります。

 

それでも30代未経験からエンジニアになるメリットは何なの?

30代未経験からエンジニアになるのは簡単じゃないよ、と言う話でしたが、それでもエンジニアを目指す大きなメリットはあります。

理由は以下の通り。

・エンジニアは収入が高くなりやすい。
・人手不足なので、30代にも仕事はみつけやすい。
・IT業界の市場はこれからも伸び続ける。

・コストパフォーマンスが良い。
・自由な働き方ができる。

 

30代未経験からエンジニアになるメリット①:エンジニアは収入が高くなりやすい。

エンジニアは収入が高くなりやすいです。

 

正直、正社員エンジニアはあまり高くないのですが、キャリアや働き方を工夫すれば幾らでも稼げるポテンシャルはあるなと。

 

エンジニアとして稼ぐ手段は本当に多いのです。

・フリーランスエンジニアになって稼ぐ。
・新しい技術を取得して稼ぐ。
・エンジニアの経験を生かして講師として稼ぐ。
・自分で新しいサービスを作って稼ぐ。
・英語,中国語を学んで海外から受注して稼ぐ。

 

などなど、一つのことに固執せずとも稼ぐ手段は幾らでも出てきます。

むしろ収入の柱を何本も作っていきやすいのがエンジニアの強み

 

単体のスキルでなく、複数のスキルを組み合わせて希少価値を上げて仕事を受注し、収入を上げていきましょう。

 

30代未経験からエンジニアになるメリット②:人手不足なので30代でも仕事はみつけやすい。

エンジニアは常に人手不足

そして少子高齢化が今後も進み続けるので、エンジニア不足が解消される事は今後もないでしょう。

なので30代からとはいえ、スキルさえ身につければ仕事はあると言えます。

 

実際、データとしても深刻なまでの人材不足ぶりが出ていますね。

引用:doda

 

2019年12月の時点でIT・通信の求人倍率が8.84倍と、他の業種と比べてもぶっちぎりで求人倍率が高い。

ゆうや
今でこの状況なのか…。今後どうなることやら…。

と心配になるくらいの人手不足ぶり。

 

仕事があるのはありがたいことですが、エンジニア不足は今後も深刻化していくことでしょう。

もはや年齢で採用を見送る暇なんかないレベルですね。

 

30代未経験からエンジニアになるメリット③:IT業界の市場はこれからも伸び続ける。

IT業界の市場はこれからも伸び続けます。

先ほどの求人倍率が示す通り、今の時点でもエンジニア不足は深刻…

 

そしてこれから考えられるITの進歩としては

・VR
・AI
・フィンテック
・5G

などがホットなワード。

 

そして人材は必要。しかも最新の技術に精通するような人材が

でもそんな人はあまりいないので、希少な技術を持つ人を高給で引き抜くことになるでしょう。

 

結果として、エンジニアはこれからもっと稼ぎやすくなる職業になると十分に考えられます。

 

30代未経験からエンジニアになるメリット④:コストパフォーマンスが良い。

エンジニアはなんだかんだ言ってもコストパフォーマンスが良いと言える職業

 

理由としては

・医者や弁護士のように、なるために膨大な時間も費用も手間も掛からない。
・スキルが低くても、まあまあ稼げる。
・仕事がたくさんあるから職場を選ぶことができる。

と言うのがありますね。

 

医者や弁護士のように、なるために膨大な時間も費用も手間も掛からない。

エンジニアはスキルによっては年収1000万も夢じゃない職業ですが、他の高収入のイメージがある職業と比べてみると参入の敷居が低いですね。

医者や弁護士は実際高収入ですが、資格を得るために何年も勉強や研修をしなければならないですよね。

 

仮に30代から医者や弁護士になるための勉強を始めたとしても、稼ぎ始めるのは40代からになってしまいます。

それじゃ遅いし勉強のモチベーションも保てないですよ。

 

同じくらいの量を勉強するなら、エンジニアの方が確実に短期間で稼げる様になります。

 

スキルが低くても、まあまあ稼げる。

エンジニアは今すごい売り手市場なので、正直スキルがあまり高くなくても稼げちゃったりします。

もちろんスキルがあることには越したことがないんですが、ポテンシャル採用をしているところも多いですよ。やる気があれば可、みたいな。

 

ただそういう所は人材を使い捨てにするブラック企業である可能性もあったりするので、転職する場合は慎重に行動しましょう。

派遣やフリーランスだったら速攻で契約解除すればいいんですけどね。

 

仕事がたくさんあるから、職場を選ぶことができる。

エンジニアの仕事は世の中にたくさんあるので、結構を仕事を選ぶことができます。

 

・給料で選ぶもよし。
・場所で選ぶもよし。
・求められるスキルで選ぶもよし。
・職場の雰囲気で選ぶもよし。

自分の要望とマッチした職場を選んでいきましょう。

 

30代未経験からエンジニアになるメリット⑤:自由な働き方ができる。

自分のわがままが通せるくらいのスキルを身につけたら、自由な働き方ができる様にもなります。

 

・自宅やカフェや南の島でリモートワーク 。
・半年働いて半年休む。
・開発だけでなく、講師やコンサルなどと並行して仕事することも可能。

こう言う働き方はエンジニアであってこそ

他の職業だと、こんな働き方はなかなか出来ないですよね。

 

場所や人間関係に縛られて苦しい思いをしている人もいるんじゃないですか?

 

会社がイヤだ!
上司がイヤだ!!
毎日職場に行って働くのがイヤだ!!!

と嘆くのなら、プログラミングスキルを取得してエンジニアとして働いて、自由な働き方を目指すのもアリですよ。

 

30代未経験からエンジニアになる効率的な戦略とは?

ゆうや
30代未経験からエンジニアになるためには、どのように行動していけば良いの?

皆さんが気になるポイントだと思うので、僕がオススメする効率的な戦略について説明していきます。

 

30代未経験からエンジニアになるにはインフラエンジニアがオススメ!

僕は30代未経験からエンジニアになるとしたら、インフラエンジニアになることをオススメしてます!

 

インフラエンジニアをオススメする理由は以下の通り。

・なり手が少ないため高給になりやすい。
・需要が安定している。
・競合相手が少ない。

 

30代未経験にインフラエンジニアをおすすめする理由①:なり手が少ないため高給になりやすい。

インフラエンジニアは企業や学校などのネットワークの構築や運用保守を行う仕事

 

今や企業や学校はネットワーク環境がないと仕事ができないですよね。

インフラエンジニアはそのようなネットワーク環境を快適に保つ環境を作ったり保守したりする仕事になります。

 

どちらかといえば裏方のような業務なので、正直知名度はあまり高くなくてなり手が少ないんですよね…。

 

大体の人が

ゆうや
インフラエンジニア?なにそれ?

という反応になりますし。

 

でもなり手が少ない分高給になる傾向にあります。

下の図に注目!

引用:プロエンジニア

インフラエンジニアはエンジニア職の中でも給与面では上位に位置しています。

平均年収575万円って、なかなかもらってませんか?

 

それだけ、業界から求められている人材なのです。

 

30代未経験にインフラエンジニアをおすすめする理由②:需要が安定している。

インフラエンジニアは需要が安定していますね。

ネットワーク環境があるところには必要となる人材なので。

 

今後も減ることは考えにくく、ネットワーク環境がより発達すればより需要は増えるでしょう。

そして未経験でも可能な求人も多いです。技術的な敷居が低めの求人は以下の通り。

ポテンシャル採用をしてくれるのはありがたいですね。未経験に優しい。

 

30代未経験にインフラエンジニアをおすすめする理由③:競合相手が少ない。

インフラエンジニアは競合相手が少ないですね。

 

なり手が少ない = ライバルが少ない

ということなので、シェアを奪い合うような事態には陥らないかと。

 

アプリ開発やデザイナー系の業務に携わるエンジニアなら日々新しい技術を身につけて行かないとすぐに技術が過去のものになってしまいますが、インフラエンジニアは技術の変化は少ないのです。

 

まず求められるのは安定稼働なので、今動いている環境をわざわざリスクを冒して大きく変えるメリットがあまり無いんですよね。

導入するとしたら大規模なネットワークメンテナンスのために自社サービスを長時間停止しないといけませんし。

そこまでして新しいネットワーク環境を導入する案件は稀ですよ。

 

なので一度技術を覚えたら、結構長く使えちゃったりします。

勉強のコスパの良い働き方ができますね。

 

これらの理由から、30代未経験からエンジニアになるならインフラエンジニアをオススメします。

インフラエンジニアに未経験からなるならば、一番オススメなのが派遣エンジニアとしてひとまずデビューすること。

その理由について以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでくださいね!

 

合わせて読みたい

 

30代未経験が副業から始めるならWordPress案件がオススメ!

ゆうや
今の仕事をやりつつ、副業としてエンジニアの仕事をしてみたい。

と言う人に対しては、WordPress案件をオススメします。

 

WordPress案件をオススメする理由は以下の通り。

・案件の数が多い。
・案件のバリエーションが豊富。
・リモートワークでの仕事が可能。

 

30代未経験に副業でWordPressをおすすめする理由①:案件の数が多い。

WordPressは世界中のホームページやブログで使用されているコンテンツ管理システム。

 

これを使えばプログラミング未経験の人間でも自社サービスが売れる程度のページを作ることができます。

使い勝手が良いので、世界中のサイトのおよそ4分の1にWordPressが導入されているとも。

 

なので案件の数も非常に多いんですよね。

クラウドソーシングで探しても案件数は圧倒的!

 

クラウドソーシングの大手であるクラウドワークスでWordPressで検索したら、54,641件ヒット!

これだけ仕事があれば、何らかの案件は獲得できると思いませんか?

チャレンジする価値は十分にありますよ。

 

30代未経験に副業でWordPressをおすすめする理由②:案件のバリエーションが豊富

WordPress案件はバリエーションがたくさんあります。

WordPress案件は案件数の多さもさることがながら、案件のバリエーションが多いのも特徴

 

以下のような仕事の内容が存在します。

・WordPressのページの作成。
・WordPressのページの立ち上げ代行。
・WordPressのサーバー移転代行。
・WordPressのページのカスタマイズ。
・WordPressサイトの高速化。
・WordPressのページのライティング業務。
・WordPressサイトのSEOコンサルティング。

などなど…。

 

開発・ネットワーク管理・運用保守・ライティング・コンサルティング

様々なバリエーションの仕事が存在します。

 

これだけ仕事の種類があったら自分の適性に合った仕事を探すことができそうじゃないですか?

プログラミングが無理でもライティングは得意、みたいな。

 

自分の得意なジャンルで仕事を見つけていきましょう。

 

30代未経験に副業でWordPressをおすすめする理由③:リモートワークでの仕事が可能。

WordPress案件は基本リモートワークでの仕事になります。

なので、自宅でまったり仕事することが可能。

 

自宅でなく、カフェや個人オフィスで仕事をしても捗りますね。

フリーランスだったら家事按分で節税もできるので一石二鳥。

 

場所を問わずに働けるのは強みですし、これからリモートワークをする人も増えてくることでしょう。

 

このような理由から、WordPress案件をオススメします。

いきなり未経験からエンジニアになるのはハードルが高いので副業から始めるのもアリですし、仕事が軌道に乗れば正社員以上に稼げるようになったりもします。

WordPressについてはRaiseTechというスクールが、副業で20万円稼げるようになるまでがっちりサポートしてくれる&現役でバリバリ稼いでいるエンジニアが講師をしてくれるとのことでオススメです!

 

実はWordpressで稼ぐことは、40代から未経験でエンジニアになりたいと思っている人にもオススメしている働き方なんですよ!

今は40代でも手に職をつければ個人でも稼げる時代になってきてますから。

 

40代で未経験からエンジニアで稼ぐための必勝ルートは以下に詳しく書いています。

30代で未経験からエンジニアになりたい方にも十分参考になる内容ですので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

合わせて読みたい

 

まとめ:行動しないと始まらないので、すぐに行動しよう!

30代で未経験からエンジニアになって稼ぐ戦略について説明しました。

 

30代で未経験からエンジニアに転職するのは簡単なことではないですが、決して不可能でもありません。

事実、30代で未経験からエンジニアになった人はたくさん見たことがありますし、一緒に仕事をしたこともあります。

 

そしてその人は、経験者と同じ様に働けていました!

 

僕も文系未経験からエンジニアになった様に、全力でトライすればなんとかなるんですよね。

なのですぐ行動しましょう!

 

独学で勉強するのもよし。
教材を買って勉強するのもよし。
プログラミングスクールに通うのもよし。

 

手と頭を使わないと、プログラミングのスキルは身につきませんよ。

挫折しそうなら遠慮なく、他人の力を使いましょう。

 

30代の未経験からエンジニアになろうと頑張っている全ての人を応援しています!

未経験からエンジニアになるには派遣が最短距離!

派遣エンジニアってブラックなんじゃ・・
そう考える人も多いと思いますが、現状派遣はかなりクリーンな環境です。未経験からの挑戦も全然可能だし、正社員に比べスキルアップに専念できます。

ここでは僕が実際に利用した派遣エージェントを中心に厳選して紹介しています。
さくっと登録して、コスパ良くエンジニアになりましょう!

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフパーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)
オススメポイント
  • 未経験でも高単価案件が見つかる!
  • 手軽に派遣登録できる!
  • 案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
ITエンジニア
スポンサーリンク
わかやまゆうやをフォローする
わかやまゆうやの勝算
ブログ・動画編集で月1万円稼ぎたい人を徹底サポート!
「ここから稼ぐサロン」の詳細はこちら
ブログ・動画編集で月1万円稼ぎたい人を徹底サポート!
「ここから稼ぐサロン」の詳細はこちら