エンジニアは派遣より正社員?どっちが将来性が安泰なの?

どうも、派遣エンジニアのゆうやです。

これからエンジニアで働いていきたい!という人にとって一つの不安要素は、「派遣は気軽そうに見えるけど、将来性を考えたらちょっと不安、でも正社員だと労働環境が悪そう」っていう点ではないでしょうか。

どんな業界だってそうですが、好景気なときはいいとしてもちょっと経営が怪しくなってきたり不況になったときに、真っ先に切られるのは派遣や契約社員といった一時的な職種の場合が多いんです。

ゆうや
それなら長期間働いていくなら正社員のほうがいいんでしょ?

当然こう考えるわけですが、本当にその通りなのでしょうか?

僕は派遣エンジニアを1年くらいしかしていませんが、実際そうではないよな、と派遣エンジニアを続ける中で感じたので、今日はそのことについて語ろうと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ派遣より正社員のほうが安定だと思われているのか

なぜ派遣エンジニアが不安定だと誤解されているのか。

それは派遣社員の契約期間の短さにあると思っています。

 

一般的に派遣社員は3か月ごとの契約期間ってのがあるんですよ。

派遣エージェントに登録してそこから案件を紹介してもらうんですが、その期間が3か月ごとの更新ってきまりになっています。

だから、例えば3か月でもう来なくていいような状況になってしまったら、そこから先はまた別の仕事を探さなくちゃいけないですよね。

 

一方正社員は一度社員となったら、よっぽど会社に不利益なことをもたらさない限り、安定して正社員として勤めることができる。

この差が、正社員エンジニアのほうが派遣エンジニアより将来的に安心できる!という幻想を生み出しているんです。

 

本当に正社員エンジニアを続けることが安泰につながるの?

確かに契約期間や、その会社にずっと居続けることを考えたら正社員が一番です。

それは僕も否定しません。

 

しかし、あなたがもしフリーランスのエンジニアを目指していたり、様々な会社でエンジニアのスキルを磨いて転身することが目的であったら、正社員でいることはむしろ足かせになってしまいます。

正社員ってやたらと無駄で面倒臭いこと多くないですか?

会議資料の作成だったり、サービス残業や夜間勤務だったり、上司との付き合いの飲み会だったり。

こうした無駄な時間を費やす代わりに、会社は長期安定雇用を実現しているんです。

でも今の世の中だと、いつどの企業がつぶれてもおかしくない時代なので、一概に安心と言える状況ではないですが。

 

派遣エンジニアだと、そうした無駄な労力を費やすことなく、契約で決められた業務だけを遂行することに専念できますし、その分しっかりスキルアップすることができます。

そしてその積み上げたスキルを交渉材料にして、案件の転身をすることで大幅な時給アップだって狙えちゃいますよ。

僕は未経験から派遣エンジニアになりましたが、9カ月の経験を武器に時給を600円以上上げることに成功したことがあります。

合わせて読みたい

 

派遣エンジニアとして契約期間の短さはデメリットでもなんでもない!

ゆうや
そうはいっても、突然3か月で契約切られたりしたら、給料ももらえなくなるし大変じゃないの?

全然大丈夫です!

今の時代、企業として経営が危ないところはあってもエンジニアの業界としては完全に人不足な状態ですし、そんな中で派遣契約を向こうから切られるというのは、よっぽど業績が傾いているか、会社のスタンスにあなたが合わなかったかのどちらかです

 

しかも派遣エンジニアの場合、契約終了の時は1か月以上前に通達しておくことが絶対条件なので、そこから次の案件を探すことができる。

派遣エージェントがそこは尽力してくれるので、こちらはそれを待つだけです。

実際僕も9か月での転身のとき、1か月前からエージェントを通じて探しましたが、すぐに案件も見つかって余裕を持って転身することができました。

 

正社員と違って派遣エンジニアの契約期間が短いのは不利だ、なんていう人もいますけど、僕から言わせると短いのは逆にメリットでしかないんです。

だって、会社での働き心地や実際どんな仕事を任されるか、雰囲気はどうかなんて入ってみないと分からないじゃないですか。

いくら面接を重ねたからといって、ギャップを埋めるのは中々難しいもんです。

 

それだったら、一度入ってみて自分に合わないなら3か月でスパっと次の案件に向かう。

そのほうがお互いにメリットだと思うんですよね。

正社員のほうが当たり前だけど転職準備も大変だし、一生その会社に注ぐんだ!くらいの想いがないのなら、派遣でゆったり働いてスキルアップしたほうがいいに決まってます。

辞めるときも正社員のほうが辞めづらいですしね。

 

エンジニアの将来性が怪しいのは正社員、派遣とかじゃなく、何にも考えずに会社にいるやつだ

と、ここまで僕の経験を踏まえて話を進めてきました。

派遣だからといって将来性が怪しいとか、嘘もいいところなんです。

それは昭和の、どの会社も右肩上がりで正社員が働き口のほとんどを占めていた時代のお話。

 

派遣エンジニアなのか、正社員のエンジニアなのかが将来性に響くんではないんです。

派遣エンジニアだって、これから先どんなステップを歩んでいくか全く考えずに、ただ派遣をやってるだけならおそらくいつの間にか必要とされない派遣エンジニアで終わってしまうでしょう。

正社員のエンジニアも、正社員になれたしもう安心だ、あぁ~良かった!って思っていると気づいたら会社の経営が傾いてとんでもないことになっていたり、身動きが取れずに過酷な労働環境に潰されてしまったりとななるかもしれません。

 

結局は自分のエンジニアとしてのキャリアをどうしていくかを考えているのかどうか次第。

正社員だって意志があれば環境を変えることだってできますしね。

それでも僕は、派遣がエンジニアとして一番の近道だと思っていますけれども。

 

正社員か派遣かなんて関係ありません!

自分の人生なんだから、ちゃんと思い通りになるようにしていきましょうね。

 

未経験からエンジニアになるために必要なたった一つのこと

今や男子小学生の中で最もなりたい職業であるエンジニア。

高収入で手に職を持った状態で、リモートアクセスで場所を選ばずに働けたり、フリーランスにもなりやすい魅力ある仕事ですね。

ですがエンジニアになりたいと思っても、これまでそういった知識や技術を学んでこなかったから、なれないと勝手に思い込んでいませんか?

実はエンジニアとしてキャリアを始めるには、勉強もスキルも必要ないんです

必要なのは「派遣からエンジニアになる」、ただそれだけ。

なぜ派遣になるのが最も近道なのか、そのときはどうやって動けばいいのか。 詳しくはこちらから!

スポンサーリンク
ITエンジニア
ゆうやをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワカヤマだいありぃ