経理や事務職ってやりがいないでしょ?って思ってるアナタへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

どうも、経理ブロガーのyuyaです。

これから就職、転職を考えているみなさん、経理や事務職って地味でやりがいのない仕事だと思っていませんか?

実は経理を4年やってきた俺も、最初就活するときには「事務職だけはやりたくない!」と心に決めて活動してきたんです。

もちろん、理由は「経理や事務職ってやりがいないに決まってる」と勘違いしていたから。

今日は、学生時代の俺と同じように、勘違いして経理や事務職に抵抗がある人の意識を変えていきますよ!

スポンサーリンク

やりがいなんて、自分の考え方次第で見つかるもの

あの仕事にはやりがいがあるけど、この仕事にはやりがいがないからやりたくない。

まずこの考え方がナンセンスです。

そもそも、やりがいなんてどんな仕事でも、自分の考え方次第で見つかるもの

コンビニの店員のバイトだって、何も考えずやるとただのだるいバイトですが、コミュニケーション能力の向上の一つだとか、接客でお客様を喜ばせたい!って目標が明確だったりすると、一気に仕事がやりがいあるものに変わります。

オフィスの清掃員のおっちゃんだって、清潔に設備を使ってもらうことにプライド持ってる人だったらやりがいは絶対にある。

自分の意識次第で、やりがいのあるなしなんて決まってくるんですよ。

スポンサーリンク

経理事務職未経験の人が抱く、やりがいないイメージ

それを踏まえて言っておくと、経理や事務職がやりがいないっていう人は必ずと言っていいほど事務職や経理をやったことがない人たちです。

もしくはどんな仕事をしてもやりがいを見つけられない残念なパターンの人。

彼らが言う、やりがいのない理由は以下の通り。

  • 外に出ることがないから、退屈そう
  • 数字の目標とかないし、向上心が持てない
  • ずっと机に座ってるなんて面白くない
  • 人と話さず黙々とやるのはしんどい

実際、就活した時の俺も、こんなイメージを持ってました。

外から経理とか事務職を見ると、確かに外に出ることもなく、営業みたいにコミュニケーションが求められない温室で仕事をしているように思えるかもしれない。

意識高い系の学生とかだと、それを想像して「自分が成長できる環境に行きたい!」って考えるのかもね。

4年間経理をやって、やりがいはどうだったか

俺は社会人になって1年は営業をして、その後経理に異動しています。

そのころには、既に上のような「経理とかやりがいなくてつまらないだろ」という勘違いは消えていました。

何故かというと、仕事を1年やってきて経理や事務職の人たちがしてくださる努力やサポートが、どれだけ営業の自分たちの仕事につながっているかが分かったから。

全てを自分一人で仕事しなきゃならないって考えたら、他の仕事の意味が分かるし、感謝できるんですよね。

ある意味、最初から経理や事務職配属だったら分からなかったことかもしれません。

自分たち経理がやっていることが、どういったことにつながって、なぜその仕事が必要なのか。

その理由を考えるようになっていたので、経理に行こうが事務職になろうが、やりがいを見つけることができるようになっていたんです。

そんな状態だったので、

外に出られない→中で効率よく仕事ができる

数字の目標がない→期限内でいかにスピード感を持って仕事を進めるかを大事にする

ずっと机に座ってる→立ちっぱなしより座ってるほうが楽だろう

人と話せない→話しちゃいけないことはないのでどんどんコミュニケーションを取った

みたいな感じで全く苦にならず、むしろ計画性や効率よく仕事をするスキルだったり、女性が多い環境だったからどうやったらその方たちが気分よく仕事ができるかを考えたり、やりがいはめちゃ見つかりました。

やりがいは人に決められるものじゃない

仕事のやりがいはなんですか?

就活のときの鉄板ネタと言ってもいいくらい、定番の質問ですよね。

でも、その質問がいかに無意味なものか、この記事を読んでくれたあなたならもう分かるはず。

やりがいは仕事の内容で決まるものでも、他人のやりがいがこうだからといって決まるものでもない。

仕事の意味を考え、誰のためになぜこの仕事をするのか。

この問いに対しての、自分なりの答えを見つけることが、仕事のやりがいを手に入れる方法。

経理や事務職にとどまらず、今自分がやっていることの意味を考えて、やりがいを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする