現役経理が伝える、転職するべき理由と厳選エージェント3選

シェアする

どうも、未経験、無資格で経理をやってるゆうやです。

僕は、新卒で採用され4年間働いた地元企業を去年退職し、転職活動をしたのち今は別の会社で同じ経理として仕事をしています。

会社を辞めたい、しんどいなって思いつつ、日頃の仕事に追われて転職する時間もなくただただ時間だけが過ぎていく日々。

気づいたら半年くらいがたっていた、なんてことありませんか?

当時の僕は一族経営の会社の体制に悩んで、自分の将来のことを考えると環境を変えたほうがいいことは分かりつつも辞めるという思いを行動に移せずにいました。

ゆうや
辞めたってどこも同じような状況じゃないの?そこでまた苦しむくらいならこのままでもいいかな・・・

こんな風に考えてしまっている人って多いのではないでしょうか。

でも、僕は経理のエージェントを使って転職したことでどうなったかというと、

残業30時間して手取り18万の転職前より、労働時間も圧縮できて職場環境もいいところに恵まれ、給料もあげてもらえて転職して本当によかったって感じです。

ゆうや
転職エージェントって何か怪しそう・・なに勧められるかわかんないし。

初めはそう思って登録をためらっていたのですが、実際に使ってみると本当に簡単に登録できて、自分に合った職場を紹介してもらえ、給料も上がってなんで早く行動しなかったんだろうと思っちゃいました。

今日は、経理という仕事をしている場合、転職をする必要性がどんなところにあるのかという点をお伝えしつつ、僕が実際に利用したところを中心におすすめエージェントを紹介しますね。

転職をしたら、自分のスキルアップや仕事ができる幅も広がったりもするので、経理としてのキャリアの可能性も大きくなります。

経理で転職を考えている人、環境を変えたいと思っている人は見ないと損しますよ~!

スポンサーリンク

経理はなぜ転職したほうがいいのか?

具体的に今の社内環境や、待遇に不満がなければ、特に転職ってする理由がないように感じませんか?

実は、そうではないんです。

その理由を、2つ解説しますね。

経理はいくら努力してもボーナス・昇給の望みが薄い

今の時代、社員が普通に努力しても定期昇給とか雀の涙じゃないですか。

経理はもっとひどいんです。

僕も新卒で1年目や2年目はそこそこ(それでも1万くらいでしたが)上がったりしてましたが、それが毎年ずっと続かないことくらいはすぐにわかりました。

先輩の給料とか考えたら、ずっと1万あがるわけないことが見えてしまうんです。

そして経理では、数字の目標達成といった会社へのアピールポイントが具体的な数字で表しにくいので、ボーナスや昇給に響きにくい。

死に物狂いで数字を合わせて、社員と連絡取って、きっちり決算の予定までに書類を出したところで、経理の仕事は「やって当たり前」に見られてしまう。

つまり、今の会社にいる限り、あなたがもらうボーナスや給料は10年経っても、20年経ってもそんなに変化しないということです

その変わらない待遇で、将来の家族や子供、介護する両親を支えることができるのでしょうか?

1つの会社だけの経理スキルを学んでも活かせることが少ない

昔は評価されたかもしれない、「勤続〇〇年の一筋サラリーマン」。

どんな仕事でもそうですが、1つの会社でしか経験を積んでない人は評価されにくくなってきてます。対応力がきかないから。

経理でもそれは例外ではない。

会社によって、経理のやり方や決算の方法って結構バラバラなんです。

会社の業界によっても、たとえば食品メーカーでの経理と、専門商社での経理ではやり方もちがってくるでしょうね。

今の会社が運よく40年続けばいいですが(上の理由でボーナスも昇給も望めないけど)、そうでなければ別の会社を探す必要性が出てきます。

そのとき、同じような業界の経理の仕事が見つかったら今の経験を活かせていいですが、違った場合はかなり苦戦するでしょう。

一つの会社の経理でひたすらその会社のシステムを極めている人より、多くの会社の経理を経験して、多様なシステムに適応できる人のほうが、対応力もあって魅力にうつります。

いざ、予期せぬ形で次の仕事を探す必要が出てきたとき、その準備があなたにはできていますか?

経理の問題を解決するには、エージェントに登録して転職が一番手っ取り早い

待遇面と、経験面での問題。

この二つの問題を解決するには、転職をしてしまうのが一番手っ取り早いんです。

転職をするなら、必ずエージェントへの登録をするべき。

ここからはエージェントに登録するメリットとデメリットを含めて、なぜハローワークや求人情報誌じゃダメなのかを説明していきますね。

なぜ転職するときにエージェントに登録するの?

では、転職するときになぜエージェントへの登録が必要なの?ってところから。

エージェントの役割は、転職したい人と、人材を求めている企業の仲介紹介です。

要するに、転職したい人のスペックや経歴、希望をしっかり引き出して、企業のニーズにぴったり合うところとつなげてあげるって認識で大丈夫。

そうして就職が決まったら、転職した人の年収の何%かを紹介手数料としてエージェントが受け取るって仕組みになってるわけ。

ここから分かるのは、エージェントはその企業にマッチした最適な人材を紹介する必要があり、逆に言えば転職者は自分にぴったりな企業を紹介してもらえるということ

たとえば、エージェントが紹介した人がその企業と相性が悪く1か月経たないうちに辞めてしまったとしたら、企業からすると紹介手数料取られるわ人材はいなくなるわで散々ですよね。

そうなると、その人を紹介してきたエージェントの信頼が落ちてしまう。

なので、エージェントは自分の信頼を守るために、全力で転職する人にふさわしい企業を紹介してくれるんですよ。

どうせ転職するなら、自分に合う相性のいい企業がいいに決まってます。

それを探し当てるのを自分に変わって全てやってくれるのがエージェントなんです。

これだけメリットがあるのに、手数料も登録料もかからないので、転職するときはエージェントへの登録がオススメされるわけですね。

登録している人としていない人では、転職に費やす時間が段違いに変わってきます。

経理転職エージェントのメリット

転職するときの手間を最小限に抑えられる

転職するときによく言われる、苦労する5点のポイント。

①自分に合った求人情報を集める
②企業との面接のアポイント
③応募書類の作成と郵送
④給料などの待遇交渉
⑤面接の事前練習

この面倒な5つのポイントを、エージェントは代わりにやってくれたり、手助けしてくれます。めっちゃありがたい。

非公開求人がものすごく多くて、ハローワークや求人情報誌じゃ出会えない企業を知ることができる

あなた一人に対して、1人のエージェントが担当としてついてくださるので非常に安心!

ハローワークのように待ち時間があるわけでもなく、ネット上や電話で話が進んでいくから負担が少ない

受けられるサービス全てが無料!

転職エージェントってこんなに魅力があって無料で便利なのに、登録しない人がいるなら本当にもったいない話ですよね。

イメージは転職活動をする自分の秘書が一人無料でついてくれて、アドバイスや案件の提案をしてくれる心強い存在といったところです。

経理転職エージェントのデメリット

ゆうや
でもいくら転職エージェントがいいところだって言っても、デメリットってあるんじゃないの?

と思うかもしれませんが、それは正しくもあり間違ってもいる判断です。

評判や口コミがいいエージェントがある一方で、転職する人のことを何も考えていない悪質なエージェントも中には存在します

選んだエージェントが良くないところだと、

・自分の希望した案件と全く違うものを紹介される
・転職活動が終わってからもしつこく連絡される
・条件の悪い、こんなところで働きたくないような会社を紹介された
・自分の希望した案件じゃないのに、断っても無理に進めようとしてくる

こんなエージェントもごくまれに存在するみたいです。

悪質なエージェントを選んでしまうと、せっかく順調にいくはずだった転職活動もスムーズにいかなくなってしまうので、こうしたエージェントを選ばないようにしなければなりません。

転職エージェントを選ぶときは評判の良いところをチョイスしよう!

でも大丈夫です!

ちゃんと評判のよい、信頼できるエージェントを選べば上記のようなことは起こらないです

もちろんエージェントの担当者の方も人間なので、相性の問題やタイプが合わないといったことはあるかもしれませんが、あるとしてもそれくらいのレベルの話。

今回僕が紹介するのは、実際に僕が使ってみて評判通りの対応をしてくださったところや、口コミで高評価なコメントが多く集まってるエージェントだけです。

経理経験者がオススメする、転職エージェント3選

ここからは転職するときに僕が実際利用したエージェントも含め、ココだけは押さえておくべきエージェントを紹介していきますね。

ちなみに転職エージェントに登録してからの流れは、

①Web登録(たった5分で登録完了です)
②担当エージェントより連絡が来て、打ち合わせ(どんな条件が希望か、転職をどれくらい考えてるかを伝えればOKです!)
③あなたの経歴、状況の確認
④エージェントからあなたの希望に合った案件の紹介
⑤希望の案件が見つかったら応募(エージェントか応募は進めてくださります)
⑥書類選考と面接(面接の練習やアドバイスもしてくださりますよ!)
⑦就業条件の調整、内定、就職

という感じで進んでいきます。

どのエージェントさんも、気さくに話しかけられて丁寧で優しい印象の方ばかりでしたよ。

そして転職の希望を聞かれたときに答えやすいように、次のことをしっかり考えておきましょう。

・希望の年収や勤務地
・残業や休日出勤があっても大丈夫か
・これまでどんな経理の仕事をしてきたか、これからどんなジャンルの仕事がしたいか
・どんな雰囲気の会社がいいか
・待遇の中で何を一番重視しているか(お金、将来性、職場環境、任してもらえる仕事の範囲)

メモにでも書きだしておくといいですね。

ここでのポイントは、しっかりと自分の希望をエージェントに伝えること

僕も最初は緊張してうまく話せないかと思っていたんですが、いざ話し出すと熱くなってしまって色々語ってしまいました…!

しっかり希望を伝えておくことで、より自分に合った職場を紹介してもらいやすくなるので、遠慮せずにどんどん話しちゃいましょうね。

いい職場を見つける裏ワザは、エージェントに複数登録すること!

ここで厳選エージェント紹介会する前に、いい職場を見つける裏ワザを伝授しちゃいますね!

実は、転職をうまく成功させている人が共通してやっていたことがあるんです。

それは、平均で2~3社のエージェントを複数登録していること

エージェントによって扱っている案件が違ってくるし、得意な案件というのもそれぞれ変わってくるんですよ。

なので、同じ条件で案件を探してもらっても、エージェントによって紹介される案件が違ってくるんです。

僕の場合、案件を10件ほど1つのエージェントから紹介していただきましたが、その中で自分の条件に合い、行ってみたいと思った案件は2~3件でした。

2~3件の中で勝負するより、6~10件の中で選考を進めたほうがいい職場に出会えるに決まってますよね。

エージェントの方があなたにふさわしいと考えて提案してくれる案件なので、ハローワークや求人情報誌で1から探すよりコスパよく転職を進めることができます!

なので、転職するときに複数のエージェントに登録することは、自分に合ったいい職場に出会える裏ワザなんですよ。

エージェントをうまく使って、コスパよく理想的な職場を見つけちゃいましょう!

経理の経験が3年以上ある、キャリアを積んでいる方は1位と3位の専門性のあるエージェントを、経理の経験はまだそこまでだけど、環境を変えて再チャレンジしたい方は2位と3位のエージェントがおすすめ。

第1位:ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアはジャスネットコミュニケーションズ社が運営する経理・会計・税務・財務分野に特化した転職エージェントです。

登録者の面談評価91.8%という数字が示す通り、登録された人のほとんどが満足した評価をしています。

その理由は、やはりエージェントが持つ専門性

自分の希望する職種である上、経験業種の大手企業の案件で、条件も良かったため。また、他のエージェントと比較しても、格が違うと感じました。

引用:ジャスネットキャリア公式ページ 利用者の声

特化しているだけあって、経理経験が3年を過ぎている人が対象となっているのですが、その分紹介してくれる案件もプロフェッショナルなものが多いですね。

専門性があるエージェントのいいところは、エージェントの知識や経験の深さもですが、集まる案件がなにより信頼できる点です。

僕がお世話になった時も、企業の情報だけではなく、経営者ばりの視野から企業の未来や方向性、業績まで語ってくださり、そこまで見て企業を判断していることが伝わってきました。

専門的にやっているからこそ、信用できる企業の案件だけを紹介してくれる可能性が高い、というわけですね。

僕も転職の際ここでお世話になりました。その時の詳しい話はこちらから。

合わせて読みたい

第2位 リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートホールディングスが運営する、転職全般を担当するオールマイティな転職エージェント。

転職成功実績NO1、約30万人を転職に導いてきたというのだから実績は半端ないですね。

なんといってもリクルートグループの持つ業界トップクラスの求人数が特徴です!

案件数は約100,000件もあるというのだから驚きますよね。

書類選考通過後、事前にCAさんに模擬面接をしてもらいました。用意していたアピールトークが通じずしどろもどろになり、至るところで突っ込まれて焦りましたが、指摘された欠点は当日までに直しました。結果、無事に内定をいただきました!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、経理に特化したエージェントではないので専門性といった部分ではジャスネットキャリアにはかないませんが、その分転職に精通した知識と業界ナンバーワンを誇る実績がある安心できるアドバイザーが、あなたの転職を完全サポートしてくれます!

経理だけでなく色々な業界の仕事も取り扱っているので、幅広いジャンルから転職を考えることができるのも特徴。

経理一本で絞っている人もそうでない人も、経理以外の他の業界の条件や、今の自分ならどんな業界にチャレンジできるかを知っておくことは転職活動に役立つはず。

経理の案件も、プロフェッショナルなものから経験年数が浅くても大丈夫なものまで数多く取り揃えてくださっているので、どんな方でも安心して登録することができますよ!

第3位 MS-Japan

MS-Japanは、管理部門特化型エージェントNo.1と評価されている、幅広く高度なニーズに応えられる経理部門のスペシャリストな人のためのエージェントです。

管理部門の転職に特化しているので、経理・財務・人事などの管理部門の経験がこれまでにある人という制限が入ってしまうのですが、やはり特化しているところが魅力ですね。

非常に丁寧なご対応を頂きました。
知人が転職を検討する際、紹介したいエージェントです。

引用:MS-Japan公式ページ サービス利用者の声

専門性の高いサービス、豊富な求人案件、手厚いフォローというところが強みで、2015年楽天リサーチの「人材紹介のブランドに関する調査」において、利用実績№1という結果もでています。

大手監査法人・会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークをもち、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業、会計事務所など幅広く高度なニーズに応えられるスペシャリストの人材紹介サービス

経理の実績がある人は、絶対登録しておいて損することのないエージェントですよ!

経理転職エージェントは必ず複数登録を!自分にふさわしい職場がきっと見つかります

以上が経理職で転職をするときにおさえておきたいエージェントでした。

転職することに対して、求人がそんなにあるか心配だとよく言いますが、少なくともそんな心配はエージェントに登録して、そこで紹介する案件がないと言われたら考えたらいいんです

ゆうや
僕も転職しようか迷っていたときは自分にちゃんとした案件が紹介してもらえるか不安だったけど、勇気出して行ったらたくさん紹介してもらえて安心しました!

今いる企業にうしろめたさを感じるという声もありますよね。

あなたの今やっている仕事で給料がそんなにあがっていかないのは、あなたの仕事は誰にでもできると思われているからかもしれませんよ

必要だと思ってもらってたら、ちゃんと色々な面で手厚く保障するでしょう、だって。

だったら、あなたの力を求めている企業に行って、存分に力を発揮していい給料もらったほうが絶対にいいにきまってます

転職したら給料があがったという例はよくあるのですが、それはここらの理由だと僕は思ってます。

経理の実績が3年くらいある人なら、年収400万くらいは楽に勝ち取れますよ。

転職はあなたの人生を左右する、一大イベントですよね。

だからこそ、親身になって話を聞いてくれてあなたにふさわしい企業と出会ってほしい。

そう思って僕独自の目線でエージェントを3つ選んでみました。

転職して前の職場よりいい環境に出会えた人は、複数のエージェントに登録し、案件をしっかり比較しているから自分に合った職場を選ぶことができているんです。

3つとも、登録するだけなら10分もかからずにできてしまうので、いい職場を見つけるための裏ワザ、転職エージェントの複数登録をぜひ試してみてくださいね。

あなたの人生は、会社が救ってくれるわけではないんです

自分自身の力をつけていくためにも、まずはいくつかのエージェントに登録するところから始めてみてはいかがでしょうか?

ゆうやイチオシのエージェントはこちら↓