わかやまゆうやのプロフィールはこちらから

生活費の全てを楽天カードで支払ったら、年間12000円節約できた話

スポンサーリンク

どうも、コスパの良いものが大好きなわかやまゆうやです。

みなさんは毎日の買い物や、食費などの出費をどうやって支払っていますか?

まさか、現金でそのまま払ったりなんかしてないですよね?

 

僕の親は、いまだにクレジットカードはなんか怖いからとかいうちょっとよく分からない理由でカード払いをすることを毛嫌いするのですが、案外そういう人って多い気がするんです。

 

僕もそんな親の影響を受けて、学生時代まではとことん現金払いにこだわって出費することにしてたんですよ。

でも、あるときふと「生活費の全てをカード払いにしたら、100円で1ポイント付くのになんでみんなカード使わないんだ?」って気が付いてしまったんです。

 

社会人になって、払うお金も増えたのでいっそのこと全てカード払いにしてやろうと。

それで楽天カードを使ってみたら、一月でかなりいい感じにポイントが貯まってました。

カード払いは怖いものだと無意識のうちに思ってたんですが、実際怖かったのはカードを使わないで損するポイントの多さだった

 

なので、今日はカード払いのメリットについてとことん説明しますね。

☆動画でも合わせて説明しているので、こちらもご覧ください!

 

スポンサーリンク

そもそもなぜカード払いを嫌がり現金払いを選ぶのか

昔の僕がカード払いを嫌だと思ってた理由としては、

  • 財布のお金が減らないため、使いすぎる心配がある
  • 落としたら怖い
  • ちゃんとその金額で引き落とされるか心配

ってところですね。

 

確かにカードが財布の中にあると、なんでも買えるような気分になりがちです。

ですが、衝動買いをできる限りしないようにするなど、ちょっとした工夫で防げそう。

 

落としたら怖いのは現金も一緒だし、カードは暗証番号やカード停止という手段もある。

引き落とされているか心配っていうのも、もしもその金額で引き落とされてなかったら、大問題でクレジットカードなんて相当バッシングされてるはずです。

 

生活費全てをカード払いに変えたら、世界が変わった

その不安を吹き飛ばすほどに、カード払いで出費をまかなうことにはメリットがあります。

 

全てカード払いのメリット①:現金を無駄に持ち歩かなくて済む

まず持ち歩き。

買い物をして、2,211円みたいな金額なのに細かいお金がないときってすごく残念な気持ちになりません?

お釣りでアホみたいに小銭が増えますよね。

 

僕は財布の小銭入れがパンパンに膨らむのが大っ嫌いなんです。

ポケットに入れても膨らみすぎで違和感半端ないんですよね。

 

カード払いにしてから、その辛さで苦しむことはほとんどなくなりました。

とはいっても、未だにカード払いに対応していないところもあるので、現金もある程度は持っていきますけどね。

 

全てカード払いのメリット②:支払額に応じて、ポイントがもらえる

やっぱりカード払いにする最大のメリットはこれ。

カード会社によってもらえるポイントや、種類は違うみたいだけど、普通に現金で払っていたら当然何ももらえないのに、ポイントをもらえたら嬉しいですよね。

 

感覚としては、毎月出費している金額の全額に、ポイントカードの特典をつけてもらった感じ。

 

全てカード払いのメリット③:支払うとき、なんかカッコいい

すみません、最後は思いっきり個人的な感想です。笑

 

会社の後輩や友達とご飯を食べて自分が支払いをするときとか、ちょっとオシャレなファッション店で服を買ったとき。

ああいうときのお会計で、時間をかけて小銭を出したりして、スマートに済ませられないというのはちょっとカッコわるいと個人的に感じてしまうんです。

スポンサーリンク

 

節約するために僕がオススメするのは、楽天カード!

現在、僕は3枚ほどクレジットカードは持ってますが、ほとんど全て楽天カードで精算しています。

 

楽天カードのメリットはコチラ。

  • 入会金・年会費が0円
  • 100円ごとに1ポイントという最高水準のポイント還元率
  • 楽天市場でのポイントが、楽天カードを使うと200%増える

 

入会金や年会費がないので、無駄なコストをかけずにカードを持てるのはいいですよね。

最初から100円ごとに1ポイント貯まるのも、魅力的な還元率です。

他のカードでも1%以上の還元率はあるんですが、大概年会費が結構な値段したり、特別な措置を施さないとその還元率にならなかったりと不便なことが多いんですよね。

その点楽天カードなら登録したときから1%がデフォルトなので楽です。

 

楽天市場での買い物をたまにでもするのなら、3つ目の200%ポイント増加も絶対に外せないところ。

 

生活費全てを楽天カード払いにしたら、月1000ポイントも節約できた

実際にカード払いに切り替えることでいくらポイントが貯まるのか気になりますよね?

 

上の画像は、僕が楽天カードで支払いをすることで得たここ三か月のポイント数と、これまで僕が楽天関係で得た楽天ポイントの累計(2012年~)です。

 

毎月、出費額が違うので平均にはなりますが、だいたい1000ポイントくらいもらえてますね。

1月1,000ポイントってめちゃ大きくないですか?

1年たまったら12,000ポイントですよ。

 

累計では88,062ポイントも貯まってたことになってます。

楽天のポイントは、1ポイント1円で換算されるので、9万近くも節約できたことに。

2012年からずっとカード払いにしてるので、7年間として考えたら計算もぴったりです。

 

楽天カードのポイントはどこで還元できるの?

ゆうや
これだけポイント還元がいいのなら、楽天カードを使いたいけど、楽天市場を使わないからポイントを還元できないんだよなぁ~。

 

甘いです!今は楽天ポイントが貯まるお店がどんどん増えてきているのをご存知ですか?

これらの店舗では、楽天カードを使う際に楽天ポイントも同時に貯まっていくんです。

(注:カード払いとして100円ごと1ポイント貯まるのとは別に、購入金額に応じてポイントが貯まります。つまり通常より間違いなく多くのポイントが手に入る!イメージ楽天市場で買い物をするときと同じだと思っていただければOKです。

 

その店舗では、ポイントを貯めることも、貯まったポイントを使って買い物をすることもできる。

もちろん、楽天カードで支払いをして貯まったポイントも使えます。

 

個人的には、ダイコクドラッグや大阪のマクドでポイントが使えるのはかなり嬉しいところ。

昼飯のマクドが毎回ポイントでタダで食べられます。

 

節約したいなら、まずは全てカード払いにするところから始めよう!

カード払いは怖いとか言って、現金払いをしている場合ではないことがお分かりいただけましたでしょうか。

 

年間、12,000円をドブに捨てても構わないという富豪の方はそのままでもいいんです。

でも、ちょっとでも節約したい、お金を貯めていきたいというなら、カード払いで済ませてポイントを貯めるというのは必須ですね。

 

楽天市場をよく利用する人はもちろん、利用しない人も持ってて損はないカードです。

楽天カードの申し込みはこちら