未経験でもAWSエンジニアとしてフリーランスになれた理由【動画あり】

どうも、インフラエンジニアのわかやまゆうやです。

最近話題になってきているクラウドインフラ。

現場で感じるのは、どんどんオンプレミスの環境からクラウドに移り変わっているなーという印象です。

エンジニアの案件としても、かなり需要が高まってきていますね。

 

そんなクラウド環境の中でも、一番業界シェアが高いAWS。

AWSの案件は本当に今増え続けていて、こなせる人が少なくて単価も上がり続けているんだとか。

ゆうや
でも、AWSってどうやって勉強したらいいのかわからない!

そうなんです。

AWSって需要が高まっているにも関わらず、勉強方法も全然確立されていないし情報も少ないんですよね。

 

ですが、今回僕はAWS未経験の身で2019年4月からAWSのフリーランスエンジニアとして、案件に参画することが決まったんです!

しかも単価は月55万という好条件。

これはもちろん、ちゃんとAWSのことについて未経験からでもしっかり習得できるサービスと出会えたからにほかなりません。

 

今日は、インフラエンジニアとして2年キャリアを積んできた僕が、いかにしてAWSエンジニアとして案件を獲得することができたのかについてお話します!

※動画でも同じテーマについて話しているので、読むのが面倒くさい方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

そもそもAWSとは?どんなサービスなの?

AWSというサービスや概要について話し出すと、この記事全てがその内容で終わってしまうので、ここでは簡単に説明します。

 

AWSとは、Amazonが作ったクラウドインフラの一種。

正式名称はAmazon Web Serviceで、頭文字を取ってAWSですね。

クラウドという言葉にあるように、雲のごとくインターネット上にサーバやデータベースを立てることができます。

これまでのように実機を使わない(正確には大元では使っていますが)ので、管理コストやリソースが大幅に削減できるのがメリット。

また、自由にスペックやインスタンス数も選ぶことができます。

 

クラウドインフラはAWSのほかにも、Googleが提供するGCP、Microsoftが提供するAzureなどがありますが、初期費用やセキュリティ面などの強みもあってAWSがリードしている状況ですね。

そして案件の数が多くなっているにも関わらず、AWSについて実践的なスキルを持つエンジニアが少ないため、高単価な案件が増えているというのが現状。

 

どうやって未経験からAWSのフリーランスエンジニアになったのか?

ゆうや
AWSが将来性あって単価も高い案件だというのは分かったけど、じゃあどうやってAWSを勉強するの・・?

こう思うのが当然ですよね。

なにせAWSに関しては、まだ学習サービスやどうやって学べばいいかといった情報も確立されていないんです。

僕自身も、インフラエンジニアの延長線上としてAWSエンジニアというのはもちろん考えていたけれど、学習できなくてどうしよう。。と思っていました。

 

ですが、AWSエンジニアをこれから狙う人に向けて、最高の学習サービスが最近できたんです。

その名も、Raise Tech(レイズテック)。

今回僕は、このサービスを受けることでAWSの経験がない状態から、案件を獲得しフリーランスとして独立することができたんです!

実際サービスを受けてみての感想も交えていきますよ~。

 

AWSを実践レベルで使えるようにするためのサービス、Raise Tech

Raise Techは、最速で稼げるエンジニアになることを目標にし、実践的なスキルを身に付けるための、エンジニアリングスクール

オンライン形式の講座で、1本2時間ずつ、計4か月間学んでいきます。

 

AWSをやるうえで前提となる、Webアプリケーション開発に始まり、AWSでの環境構築、Infrastracture as codeの実践というフルボリュームの内容。

AWSのプロフェッショナルの方が現場で通用する内容で構築したカリキュラムです。

実際のカリキュラムはこんな感じ。

値段は業界未経験の方向きのAWSフルコースだと315,000円、

業界経験者向きのAWS自動化コースだと189,000円です。

 

一般的なプログラミングスクールとの違いは以下の2つ。

    ①AWSについて体系的に学べて、実践レベルの内容まで完全サポートしてもらえる
    ②ただコードを教わるだけじゃなく、実際の現場で使えるノウハウやスキルを教えてもらえる

AWSについてしっかりと教えてくれるところって今現在ほとんどないんですよね。

Raise Tech以外で言うと、Udemyで「手を動かしながら2週間で学ぶ AWS 基本から応用まで」という講座があります。

僕も実際内容を見てみましたが、最初AWSについて学ぶにはもってこいの動画となっているので、まずはこの講座を受けておくと理解が進みやすいでしょう。

定価15,600円ですが、タイミングが良ければセールで安くしていたりするのでオススメです。

 

ただ、Udemyの動画講座だけでは実践で使えるレベルかというと怪しいのが現状。

Udemyの講座は、AWSの技術のみにフォーカスが当たっています。

ですが実際業務で使うのは、AWSだけじゃなくその他の様々なオープンソースも組み合わせて使うわけで。

例えばgitとかchefとかjenkinsなどがそれに当たるんですが、Udemyではそこまでのフォローはされていない。

つまり、AWSの知識は身に付くけれど、業務で使えると評価されるかは微妙ということ。

そこをうまく補いながら、実践レベルに引き上げてくれるのがRaise Techです。

 

Raise Techのすごいところ①:講師が現役バリバリのエンジニア

一般的なプログラミングスクールだと、講師の方は専任で教えることだけをやっている人っていうのが多いんです。

たしかにそれだと、教えることに対して自信はあるかもしれないけれど、現場レベルのスキルを教えてくれるのかどうかで考えるとちょっと疑問ですよね。

ただコードだけを知っていても、実際どうやって使っているのかが大事なんです。

 

その点を踏まえてRaise Techでは、講師の人は全員現役のエンジニア!

なので、ただスキルを教えてくれるわけではなく、業務の中でどう使っていくのかまでを教えてもらえます。

この差は結構大きいと思うんですよね。

ただ知識として知っているのではなく、学んだスキルをどう使うのかを知っているのでは。

 

Raise Techのすごいところ②:未経験からでもAWSエンジニアに挑戦できる!

今回僕は2年間のインフラエンジニアでの経験と、Raise Techの学習をプラスさせてフリーランスとして独立することができました。

ですが業界の経験がたとえなくても、

ゆうや
稼げるエンジニアになりたい!AWSを学んで仕事にしたい!

という想いがあるのなら挑戦は可能です!

 

ゆうや
AWSってインフラエンジニアのプロみたいな集団がやる技術じゃないの・・?

と思っていましたが、4か月という期間でバッチリそこまで学習できます。

というより、インフラエンジニアの知識はAWSにそこまで必要ではなかった。笑

 

そういう意味でいくと、僕も未経験に近いレベルからの挑戦でしたが、最後まで講座を完走することができたんです。

講座を受けていると当然訳のわからないところが出てくるんですが、Raise Techでは質問は無制限でOK。

途中から講座のレベルも上がって付いていけなくなりかけましたが、きめ細かな対応と臨時で開いていただいた補講に本当に助けられました!

また、ただ質問に答えるだけじゃなく、回答に至る道のりを教えてくれるので、ただ知るのではなく理解することができますよ。

 

知識が乏しい僕でも大丈夫だったんだから、きっとこれを読んでいるあなたにだってやる気があるならできると思います。

ただ、もちろん自主学習は必須となってきます。

僕が行った自習は、動画コンテンツの復習がメインでした。

未経験でも最後まで完走できたのは、Raise Techでの手厚いサポートがあったから。

 

Raise Techのすごいところ③:就職支援まで完全サポート!

ゆうや
AWSについて学べたはいいけれど、そこから本当に就職できるの・・?

これ、かなり不安ですよね。

ですが大丈夫、Raise Techなら就職支援まで完全支援してくれます!

 

Raise Techを運営している会社が、自社開発を行っている会社であることもあり、ひっきりなしにAWSの案件が来るのが現状とのこと。

そのため、運営会社からの紹介でAWS案件を受けることができるんです。

状況に応じてフリーランスとして契約することも、会社員として所属することも選べるとか。

もちろん支援を受けずに、自分で探した案件で転職することもOK。

ちなみに就職が決まるまでサポートは継続してくれるんだとか。最強ですね。

 

Raise Techのすごいところ④:未経験からのフルコースなら、受講開始から2週間は全額返金保証付き!

ゆうや
でもやっぱり新しいことに挑戦するのって不安だし、金額もそれなりだからやっていけるか心配だよ。。

安心してください!

Raise Techでは、未経験からのフルコースなら受講から2週間はトライアル期間として受講ができます。

そこで講座やサポートを受けてみて、どうしても自分には付いていけない、無理だ。。となった場合は全額返金してもらうことも可能ですよ!

  • 講師または対象クラス内で技術的情報を多数得た場合
  • 講師からの発言に反応しない、個別面談にも応じないなどの学習意欲が見られない場合
  • その他、当スクールが不適切と判断した場合

以上の場合は返金不可となる場合がありますが、普通に講座を受けていてどうしても無理・・というときに利用できるのは心強いですね。

 

ですが、最初から返金ありきで受けるというのは非常に後ろ向きな考えなので、あくまで当初考えていたのと明らか違う、努力したが全く付いていけるビジョンが見えない場合の保険という意味合いで考えておいたほうがいいでしょう。

 

Raise Techは未経験でも本気でAWSエンジニアになりたい人を本気で応援してくれる!

補講時、たまたま事務所に近かったのでオフラインしていただきました。

実際Raise Techを受けた僕から言わせてもらうと、心からサービスを受けて良かったと思ってます。

2019年4月からフリーとして活動していますが、最初っから講座でやった内容がバンバン出てきてますもん。

スクールで教えてもらった講座の内容が、実践の業務で生きてこないというのはあるあるネタですが、ここまでドンピシャだったとはいい意味で予想を裏切られました。

 

もしあなたが、未経験から本気でエンジニアになりたい、AWSで稼いでいきたいと思っているならばRaise Techはオススメです!

つまづいた箇所のサポートも万全だし、内容は最新の現場レベルに準拠。

未経験からでも挑戦できるし、その後の転職についても最後まで支援してくれます。

もちろん講座学習だけでは補えない部分があるので、自習は必須ですけど。

 

これで315,000円は正直安すぎると思うんです。

実際僕は、55万円の案件を紹介していただいたので、投資した金額が1か月で元が取れました!

ちょっとした先行投資になりますが、案件の単価は継続して稼げるので未来を見たら確実にコスパ良い投資ですよ。

 

みなさんもぜひ、講座を受けて一気に未経験からキャリアアップしてみるのを狙ってはいかがでしょうか。

 

※2019/4/20までの申し込みであれば、キャンペーン実施中のため

フルコース 315,000円⇒238,000円
単体コース 189,000円⇒98,000円とかなり格安になっています。

興味ある方は今のうちに!

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフ
オススメポイント

✅未経験でも高単価案件が見つかる!
✅手軽に派遣登録できる!
✅案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
スポンサーリンク
ITエンジニア
ゆうやをフォローする
スポンサーリンク
ワカヤマだいありぃ