プログラミング未経験でも、派遣でエンジニアができるって本当なの?

シェアする


どうも、ネットワークエンジニアのゆうやです。

みなさんはエンジニアって聞くとどんなイメージを持ちますか?

〇理系でしっかり勉強した人がなるもの
〇未経験じゃ難しくて挫折しそう・・
〇プログラミングを勉強していないとなれないんじゃ?

エンジニアだけでなく、どんな仕事でもいきなり未経験から挑戦すると難しいイメージがありますし、エンジニアはなおのことプログラミングを使ったりと専門的な知識が必要になるので厳しい!って感じる方も多いんではないでしょうか。

そしてプログラミングを勉強するにしても、結構長いスパンで勉強することが必要になってきますし、スクールに通うとなるとお金も必要になってくる。

そこまでして、自分に合ってないとか向いてないってなると、時間もお金もかなりもったいない話になってきますよね。

ですが、プログラミングを知らない経験がない人でも、派遣エンジニアという形で働くことができちゃうんです!

実際僕も今年に入ってからエンジニアになりたい!って思うようになり、6月から未経験でプログラミングの勉強もほとんどしないまま派遣エンジニアになりましたが、ここまで約半年ちゃんと仕事をすることができています!

今日は、未経験でプログラミングも未経験な人でも派遣エンジニアになれちゃう理由と、実体験を話していきたいと思います!

スポンサーリンク

なぜプログラミング未経験のエンジニアでも派遣で必要とされるのか?

普通の業界じゃこうはいかないと思います。

派遣を必要するって、言い換えたら即戦力で戦力になってくれる人材がすぐに欲しいってことですからね。

将来的なことを考えて未経験を雇うなら、正社員でじっくり育成して教育していったほうがいいに決まっているから。

もちろん、派遣の期間で人物像をしっかり見極めてから正社員として・・みたいな流れはありますけどね。

じゃあなぜエンジニアはプログラミング未経験でも派遣の仕事があって、必要とされるのか?

エンジニアの供給が圧倒的に足りていない=ハードルが低い

まずはこれ、エンジニアの相対数が圧倒的に足りていないんです

Webサービス、アプリ、社内ネットワークと、あらゆるところでエンジニアの活躍場所はあるにも関わらず、その需要に合うだけのエンジニアがいない。

これはエンジニア=理系でがっつり勉強した人がなるものというイメージや、なんだか難しくて大変そうという思い込みが影響しています。

たしかに未経験からなるとすると、努力しなきゃならないこともありますが、それはどの仕事だって同じ。

これからは学校の必修科目にプログラミングが出るなど、供給を増やす施策が出てくるでしょうけど、それ以上にIT技術の需要が増え続けるので当分エンジニアの数が足りない状況は続くはずです。

つまりそれだけエンジニアになるためのハードルが低いということ

プログラミングを使わないエンジニアの仕事がある

エンジニアって、プログラミングを使う仕事ばかりだと思っていませんか?

実はそんなことはなく、僕がやっているネットワークエンジニアのようにプログラミングをあまり使わない仕事だってたくさんあるんです!

合わせて読みたい

もちろん、プログラミング言語を使う仕事が多いのは事実ですし、開発やアプリを作るなどの仕事だとプログラミングが必須になってくるのは事実。

でも、プログラミング未経験からエンジニアを体験してみようという段階から、いきなりプログラミングを使う仕事から入ると、難しすぎて自分の経験や実績を作ることもできないことにもなりかねない。

なので、エンジニアという仕事に慣れる段階から入っていくのは十分ありな選択だと思います。

プログラミングを使う仕事より、ハードルは絶対低いしね。

慣れてきたら徐々にプログラミングの勉強なり始めたらいいんです。

派遣なら仕事に拘束されることもなく、自分の時間を取りやすいからこそできる選択ですね。

そして1年くらいして経験と実績を積んだら、プログラミングを少し使うような待遇がいい別の案件に移ったらOK。

プログラミング未経験の僕が派遣で仕事を見つけるまで

そんな派遣エンジニア歓迎の背景もあって、プログラミング未経験の僕でもあっさり派遣のエンジニアになることができました!

仕事が決まるまではすごく不安でしたけど、パーソルテクノロジースタッフという派遣のエージェントにすぐに仕事を見つけてきていただいて、面談を経て無事、エンジニアとして現在働いています。

プログラミング未経験でもエンジニアになるためのコツとは?

ですが、誰でもどんな条件でもエンジニアになれるわけではありません。

僕が実際の経験を通しておすすめするのはこの2つの条件。

①未経験で知識がなくても、今もしくはこれから勉強する姿勢を見せる

プログラミングを過去知らなくても、これから派遣として就業先が決まるまでの間、そして仕事をしながら勉強します!という姿勢がとても重要です。

就業先の会社も、未経験なのはしょうがないとしてもこれから先の可能性、どれくらい知識を身につけてきてくれるかが大事なポイントになってきます。

なので、派遣登録後自分でできる範囲の勉強をしっかりして、企業に可能性ある人材と思ってもらえるよう努力してみましょう!

プログラミングを知らなくてもできる勉強方法については下の記事で詳しく書いてます!

合わせて読みたい

②何よりまず派遣会社に登録してみること

ゆうや
未経験だし、しっかり勉強して知識を蓄えてから仕事変えたほうがいいんじゃ・・

こんなことを言って、いつまでも準備が整わず動けない人ってよくいます。

でも、それだといつ勉強が終わるか分からない。

なので僕は、まず真っ先に派遣登録をしてみることをおすすめします!

なぜなら僕自身がすぐに登録してみた結果、知識がなくても就業先が見つかったから。

プログラミング未経験でも、今の時代ちゃんとエンジニアの仕事はあるんです。

こちらにオススメの派遣エージェントをまとめているので、参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい

プログラミング未経験からでもエンジニアになれる時代!

ほんと、今はエンジニアに対して追い風が吹いている時代だと思います。

供給が少ないから、なりたい!と声を上げたら歓迎してもらえるし、時給も未経験の僕に1500円とか出るし。

数年経てばフリーランスも視野に入ってきて、会社員の収入を楽に超えられる出来レース。

僕もまだフリーランスになったわけじゃないし、今は派遣という立場だからこのチョイスが正解だったかは分からないけれど、プログラミング未経験で飛び込んで挑戦していることが人生の転機だったと振り返って思えるように頑張りたいと思います。

悩んでいる人は、一歩踏み出すところからやってみましょう!

シェアする

スポンサーリンク