わかやまゆうやのプロフィールはこちらから

AWSエンジニアの年収ってどれくらい?リアルな数字を完全公開!

スポンサーリンク

どうも。未経験からフリーランスのAWSエンジニアになったわかやまゆうやです。

 

ここ数年、クラウドサービスの需要が急激に伸びていることを知っていますか?

・初期費用を抑えやすい。
・使用する容量に応じて増減が可能。
・セキュリティ面を大手企業にお任せできるから信頼性が高い。

と言うこともあって、会社のメインシステムを自社のサーバーからクラウドに移行したいと思っている企業が急激に増えてきています。

 

需要予測でも2023年度には2019年度の倍くらいまで伸びることが予想されています。

引用:MM総研

 

そしてクラウドサービスの中でも、圧倒的No.1のシェアを誇るのがAWS(Amazon Web Service)と言うクラウドサービス。

 

その名の通りAmazonが運営しているクラウドサービスで、

・扱うソフトの豊富さ
・使い勝手の良さ
・Amazonが運営しているというバツグンの信頼性

からユーザーから圧倒的な支持を得ています。

そしてこのAWSを扱ってより良いサービスを提供していくのがAWSエンジニアのお仕事。

 

なので今のIT業界の中でも

・需要がある。
・需要がこれからも伸びることがわかっている。
・年収が高くなりやすい。

と言う好条件が揃っている職業なんですよね。

 

実際、僕も未経験から派遣エンジニアとして2年インフラエンジニアをやった後にフリーランスのAWSエンジニアになり、月単価55万円の高単価案件を獲得することができました。年収だと660万円ですね。

 

ぶっちゃけ業務経験2年ちょっとの20代半ばの若者が660万円の年収を稼ぐことができる仕事なんてあまりないですよね?

僕も驚きましたし、エンジニアという働き方への将来性の高さを感じました。

年収が3年前の2.5倍くらいになったので、生活の質は明らかに高まりましたね。

 

なので今回は現役AWSエンジニアである僕が

・AWSエンジニアってどれくらい稼げるの?
・AWSエンジニアってなんでそんなに稼げるの?
・どうやったらより稼げるAWSエンジニアになれるの?

と言うところについて説明していきます。

 

ゆうや
AWSエンジニアという職業に興味があるけど、どれだけ稼げるの?

と思っている人は、わざわざググらずともこの記事を見るとわかりますよ。

 

スポンサーリンク

AWSエンジニアの気になる年収はどれくらい?

気になるAWSエンジニアの現在の平均年収は以下の通り。

・正社員AWSエンジニア580万円
・フリーランスAWSエンジニア:972万円

引用元:プロエンジニア

 

AWSエンジニアとよくインフラ周りの仕事として比較されるインフラエンジニアの平均年収は以下の通り。

・正社員インフラエンジニア:500万円
・フリーランスインフラエンジニア:780万円

引用元:プロエンジニア

 

AWSエンジニアはインフラエンジニアよりも高い報酬を受けやすいと言うことがわかりますね!

ちょっと前まではAWSって言ってもそこまで知名度も高くなかったですが、最近ではどのIT企業でもクラウドの知見を求める声が高まってきました。

それだけAWSエンジニアが世間から求められていると言うこと。

 

エンジニアのキャリアの方向性に悩んでいるんだったら、AWSエンジニアという選択肢を考えてみてもいいと思います。

 

なぜAWSエンジニアは年収が高くなりやすいの?

ゆうや
なぜAWSエンジニアは年収が高くなりやすいんだろう?

と、気になりますよね。理由は2つ。

①:クラウドに関する専門的な知識が必要。
②:インフラエンジニアと比べて業務未経験の採用が少ない。

 

AWSエンジニアの年収が高くなりやすい理由①:クラウドに関する専門的な知識が必要。

AWSはクラウドサービスなので、当然AWSエンジニアにはクラウドに関する専門的な知識が求められます。

 

イメージとしては

AWSエンジニア = インフラエンジニア + クラウドの知識や経験

と言う感じ。

 

クラウド自体がまだ新しいサービスなので、クラウドの知識や経験を持っているエンジニアの数があまりいないんですよね。だからAWSエンジニアは貴重な存在なのです。

 

AWSエンジニアの年収が高くなりやすい理由②:インフラエンジニアと比べて業務未経験の採用が少ない。

AWSエンジニアはインフラエンジニアと比べると、業務未経験の採用が少ないです。

 

AWSエンジニアはインフラエンジニアと比べると規模の小さい会社であったりスタートアップの会社からの求人が多い傾向があるので、即戦力が求められることが多いです。

なので、AWSエンジニアはインフラエンジニアとして現場を経験してから転向する人も多い。

また最近では、クラウドインフラの構築にRubyやPythonといったプログラミング言語を用いることも増えてきたので、プログラマーからAWSエンジニアに転身するケースも多いですね。

 

僕もインフラエンジニアからAWSエンジニアに転向したうちの一人なのですが、こっちの方がインフラ構築の知識があるんでスムーズに転向できるんですよね。

業界未経験からAWSエンジニアになるとしたら、ちょっとハードルが高くなるかもしれません。

 

そこで業界未経験からAWSエンジニアを志望する人は、RaiseTechの受講も考えてみたらどうでしょうか。

RaiseTechは日本でも有数のAWSエンジニアの育成に力を入れているプログラミングスクールで、実際に優秀なAWSエンジニアを現場に送り出しています。

最短で稼げるAWSエンジニアになりたいのなら、すごく心強いプログラミングスクールですよ。

 

僕もRaiseTechを受講してエンジニア歴3年で年収660万円のフリーランスエンジニアになれたので、受講してよかったと本当に思っています。

 

RaiseTechを受講した体験談はこちらに書いておりますので、ぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい

 

より稼げるAWSエンジニアになるためにはどうしたら良いの?

ゆうや
AWSエンジニアになって年収をさらに上げていきたい!

と言う人もいるはずなので、より重宝され稼げるAWSエンジニアになるための3つの方法について紹介しますね。

①:AWSの運用スキルを身につける。
②:インフラのコード化の知見を身につける。
③:AWSの資格を取る。

 

稼げるAWSエンジニアになる方法①:AWSの運用スキルを身につける。

お客さんは

ゆうや
できる限り低いコストでAWSを運用したい。 

と思っています。

 

そのためには効率よくAWSを開発・運用することが求められるので、AWSの運用スキルが役に立ってきます。

・効率よくシステム開発/運用を行う知識(DepOps)
・システム運用の自動化に関する知識(NoOps)
・システム運用やサービス運用の知識(SRE)

などは現場で重宝されるので、これらの知識について勉強していくのがいいでしょう。

 

稼げるAWSエンジニアになる方法②:インフラのコード化の知見を身につける。

インフラ構築・運用のコード化はインフラを構築する上では重要なタスクになります。

インフラ構築・運用のコードかのメリットは以下の通り。

引用:iMagazine

インフラ構築・運用のコストを下げるメリットが多いので、これらの知見を持っていると企業からは重宝されます。

Webサービスはアジャイル開発が多く、少し修正したら即リリースというシチュエーションが多いので何事もスピードが求められます。

 

開発スピードを上げるための環境づくりも、AWSエンジニアの重要な仕事ですね。

 

稼げるAWSエンジニアになる方法③:AWSの資格を取る。

AWSに関する資格を取ることも、AWSエンジニアとして価値を高めるためには有効な手段。

 

経験が浅いうちのオススメの資格は「ソリューションアーキテクトアソシエイト」ですね。

・簡単すぎず難しすぎず、難易度的にちょうどいい。
・AWSに関する広い知識を一通り学習することができる。

 

2~3年くらい実務経験が付いたら、プロフェッショナル系の資格がいいですね。

ちょっと難易度が高いんですが、「ソリューションアーキテクトプロフェッショナル」はAWSに関する幅広い知識を深いところまで知っている事になるので大きなアピールポイントになります。

 

実際に現場で活躍しているAWSエンジニアにもこの資格を持っている人が多いのがその証拠。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの上位の資格なので難しいのですが、取っておいて損はないです。

 

おわりに:AWSエンジニアの需要はこれからも伸び続ける。

AWSエンジニアの平均年収・高年収になる理由・年収を上げるための手段について一通り説明しました。

なり手がまだ少ないこともあってか、普通に年収も高い金額が期待できますね。

 

現時点で

・クラウドサービスの需要は今後も増え続ける。
・AWSを導入する企業が今後も増え続ける。
・AWSエンジニアの数が絶対的に足りない。
・AWSエンジニアは数が少ないから年収が高くなりやすい。
・AWSエンジニアになるためのスキルや年齢の敷居が下がる可能性がある。

という傾向があるので、AWSエンジニアの需要も今後はどんどん高まっていくことが予想されます。

 

ゆうや
エンジニアとしての今後のキャリアの積み方に悩んでいる。

と思っているのなら、AWSエンジニアという選択肢も入れてみてはどうかと思います。

 

僕自身、インフラエンジニアからAWSエンジニアに転向して年収を大きくUPできた体験があるので、インフラ系のキャリアを積むのならAWSを通るのもアリですよ。

AWSエンジニアに転職する攻略法について詳しく書いている記事がありますので、AWSエンジニアという働き方に興味を持ったら、こちらの記事もチェックしてみてください。

合わせて読みたい
未経験からエンジニアになるには派遣が最短距離!

派遣エンジニアってブラックなんじゃ・・
そう考える人も多いと思いますが、現状派遣はかなりクリーンな環境です。未経験からの挑戦も全然可能だし、正社員に比べスキルアップに専念できます。

ここでは僕が実際に利用した派遣エージェントを中心に厳選して紹介しています。
さくっと登録して、コスパ良くエンジニアになりましょう!

未経験からエンジニアになった僕がオススメする№1派遣エージェント!

パーソルテクノロジースタッフパーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)
オススメポイント
  • 未経験でも高単価案件が見つかる!
  • 手軽に派遣登録できる!
  • 案件数が豊富だから、ぴったりの仕事が見つかる!
ITエンジニア
スポンサーリンク
わかやまゆうやをフォローする
わかやまゆうやの勝算
ブログ・動画編集で月1万円稼ぎたい人を徹底サポート!
「ここから稼ぐサロン」の詳細はこちら
ブログ・動画編集で月1万円稼ぎたい人を徹底サポート!
「ここから稼ぐサロン」の詳細はこちら